ActivePerlにGDをインストールする

関連記事の
perlでテーブルアート
perlを使って画像を■の羅列でを表示

でGDライブラリを使っていますがこのGDライブラリをActivePerlにインストールする方法

通常ActivePerlではライブラリの追加を行う場合PPM(Perl Package
Manager)を使ってライブラリを追加インストールします。しかし、PPMの一覧にライブラリが無い場合があります。
今回GDライブラリをインストールする場合もPPMの一覧に無かったのでそういう場合どうやってインストールするかのメモです。

環境は、Windows2000、ActivePerl v5.8.8 build 820を前提とします。

XPでもOSのインターフェース以外は同じです。

1.まずGDをインスト ールする為にPPMを起動します。

スタート>ファイル名を指定して実行で「ファイル名を指定して実行」の画面を開きます。

ファイル名を指定して実行 

 


 

2.「ファイル名を指定して実行」の画面が開いたらppmと入力して[OK]をクリック。

ファイル名を指定して実行2

 


 

3.Perl Package Manager(以下PPM)が起動します。

インストールできるパッケージの一覧が表示されます。

ppm1 

 


 

4.GDライブラリを探す為に以下の様にテキストボックスにGDと入力してパッケージ一覧をGDでフィルターします。

するとGDと言う名前のついているパッケージに絞り込まれます。

ppm2

 


 

5.しかし絞り込んだ一覧にGDが見当たりません。

ppm3

 


 

6.しょうがないのでCPANにアクセスしてGDライブラリモジュールを探します。

http://www.cpan.org/
にアクセスして赤線で囲んだ部分をクリックします。

CPAN.ORG

 


 

7.検索のページになるので下の画像の様にFindのところにGDと入力して[Search]をクリックします。

CPAN2


 

8.CPANでの検索結果にGDが表示されたのでこのリンクをクリックします。

CPAN検索結果


 

9.GDの配布ページが開きます。

 CPAN_GD

下のほうを見るとPPMの情報が載っています。

www.bribes.orgとuwinnipegでperl5.8用のGDライブラリversion.2.35が配布されているようです。
 

PPMのところをクリックします。

GDのページ


 

10.PPM用のリポジトリのURLが書かれています。

とりあえず、http://www.bribes.org/perl/ppmを控えておきます。

PPM repositories 


 

11.PPMの設定を変更します。

メニュー>Edit>Preferencesで設定画面を開きます。

ppm4 


 

12.PPMの設定画面(PPM
Preferences)の画面が開くのでRepositoriesのタブを選択してリポジトリの画面を開きます。

リストが表示されますが最初はActiveStateのみがリストにあります。

 ppm5


 

13.リポジトリのリストにURLを追加します。

先ほど項目10.で控えておいたhttp://www.bribes.org/perl/ppmをリポジトリのリストに追加します。

Name:は適当にwww.bribes.orgとしておきます。
Location:にhttp://www.bribes.org/perl/ppmとします。

[Add]をクリックします。

リポジトリの追加


 

14.しばらくするとリポジトリのリストに追加したリポジトリが表示されます。

[OK]をクリックしてこの画面を閉じます。

リポジトリ追加完了 


 

15.PPMの画面に戻るとパッケージのリストにGDが現れました。

ppm6


 

16.GDを選択してマウスの右クリックのメニューから「Install GD 2.35」
(番号はバージョンによって異なる)を選択します。

PPM install


 

17.インストールを実行します。

インストール指定されたパッケージにはplus マークがつきます。インストールを 実行するにはインストールマークをクリックします。

 ppm7 

確認のダイアログが表示されるのでOKをクリックします。

commit


 

18.インストール完了

しばらくするとインストールが完了します。これでGDライブラリをActivePerlから利用可能になります。

インストール完了

 

タグ :