MT(MOVABLE TYPE)で関連記事を表示するには?

今まで記事を書くとその記事に関連した関連記事のリンクを記事中にちまちま調べながら挿入していたのですが、今ふと「プラグインあるんじゃね?」思い立って検索してみたら普通にあった(・ω・;)
今までおいらはなにめんどくさいことをしていたのだろう?orz
何を規準にどのくらいの精度で関連記事を認識してくれるのかは判りませんがとりあえず導入してみます。
詳細は下記のリンク先のページを見てください。おいらもこれから導入してみます。
▼Movable Typeで関連記事を表示するプラグイン – skuare.net
http://www.skuare.net/2007/07/movable_type.html


●追記:
設置してみました。なかなかいい感じではないでしょうか?
関連記事があるときだけ「▼関連記事」と表示したかったので色々やってみたのですが判らなかったので、プラグインを勝手に拡張して勝手に「MTRelatedEntriesCount」って言う変数追加して、MTIfNonZeroで変数の値が0の時は表示しないようにしました。
スッゲー手抜きです。MTRelatedEntries関数をコピーして抽出されたエントリー数を返しているだけです。なので重くなってしまうかもしれません。(・ω・;)
もっと簡単でいい方法があるって方がいらっしゃいましたら教えて下さい。(はーと
▼こんな風にしてます。

<MTIfNonZero tag="MTRelatedEntriesCount">
▼関連記事
<ul>
<MTRelatedEntries lastn="10">
<li><a href="<$MTEntryPermalink$>"><$MTEntryTitle$></a></li>
</MTRelatedEntries>
</ul>
</MTIfNonZero>

▼ちょっと手抜き拡張したTagSupplementals.plプラグイン
TagSupplementals.pl

追記:2009.01.24
同名での再配布には「TagSupplementals」プラグインが利用している、Artistic License的に問題があるので、MTRelatedEntriesCountを拡張するための変更部分だけ差分ファイルでおいて置きます。
TagSupplementals_Plugin.ja_JP – Ogawa::Code
http://code.as-is.net/public/wiki/TagSupplementals_Plugin.ja_JP
上記で公開されている、MT3.3とMT4で動くTagSupplementals-0.06.zipに対するパッチです。
差分パッチ
差分パッチの当て方は、「小粋空間」様などを参考にしてください。
簡単にパッチを当てるには、
1.下記のサイトからpatc254w.zipをダウンロードして解凍。
2.patch.exeがある場所にTagSupplementals.plとpatch.txtを入れる
3.コマンドプロンプトでpatch.exeがある場所に移動(CDコマンドで移動するなど)
4.コマンドプロンプトでpatch < patch.txtと入力してパッチを適用。 という感じでパッチをあてる事が出来ます。 プログラミング・ツール(移植ソフト) http://cetus.sakura.ne.jp/softlab/toolbox1/index.html
小粋空間: パッチをあてる(その1:適用方法)
http://www.koikikukan.com/archives/2006/01/22-235056.php

(Visited 1 times, 1 visits today)

タグ : ,