地震で窓が空いていた。

東北関東大震災東北地方太平洋沖地震)は地震だけでなく現在は原発の問題の方も恐ろしい事になってしまっています。都内でも放射性物質が検出されたり通常の数倍の放射能が測定されているようです。直ちに健康に問題があるわけではないとマスコミでは言っていますが放射能は目に見えないものなので油断は出来ません。換気はせずに閉めきったほうがいいようなので念の為に窓のチェックを行って鍵を閉めていたらパソコンの裏の遮光カーテンをしているサッシの窓が開いていることに気がついた。どうもうるさいと思ったら窓が左右に20センチほど大きく空いていた。11日の地震で開いたらしく15日の今日まで気がつかなかった。パソコンを載せている机の裏側にあたり、窓は厚手のカーテンと遮光カーテンの二枚重ねになっている裏にあるのと手を伸ばさないと簡単に開けられない通常は開けない窓なのとここのところ暖かかったのでさっきまで気がつかなかった。問題の窓のとなりの窓をチェックしていたときに何か外から聞こえる音がいつもより大きな気がするので物をどけてカーテンを開けてみたら窓が大きく空いていた。数日空いていたことになりちょっとショックだった。 先日の地震で大きく揺れた地域の人は地震の影響で窓が開いている可能性があるので普段使わない見えにくい場所にある窓を一度チェックしてみてください。

windows

タグ :