価格.comのキャンペーンを利用してSo-net モバイル WiMAXに加入した。

正確には「価格.com限定 So-net モバイル WiMAX キャッシュバックキャンペーン(Uroad-8000/新規申込)」というキャンペーンらしい。

約1年間使うと22000円程キャッシュバックされ、実質の通信料がお得になって更にWiMAXモバイルWiFiルーターが無料でもらえるというやつを価格.comでは、いつもやってるので、自分にあったものを選べばいいのではないかと思う。私の場合、実家に帰った時にインターネットを使いたかったのでWiMAXに契約することにしました。3月中頃に一番お得っぽかったのがソネットさんだったので申し込んでみました。ソネットさんのキャンペーンの場合、注意しなくてはいけない点があってキャッシュバックはメールで送られてきて、限られた期間内(45日とか)に手続きをしないと無効にになってしまうので、気をつけないといけないということ。もらい忘れないように、、携帯電話などのスケジュール機能にキャッシュバックの時期を登録してその頃にアラームで教えてくれるようにしておくことをおすすめします。

価格.com – モバイルデータ通信 | 製品情報、価格比較

TS3Y0260

これが届いたWiMAXモバイルWifiルーターURoad-8000の箱です。3月19日に申し込んで3月29日に届いたと思います。WiMAXモバイルWifiルーターは現在普通に単体で買うと1万以上することが多いので、WiMAXを利用し始めるときは何らかのキャンペーンを利用して無料で手に入れるのがベストじゃないかと思います。実際、携帯電話0円と同じ手口でWifiルーターをタダにして加入させようとしているところが殆どになっているかと思いますので有効に利用しましょう。

それから、WiMAXは電波を利用したインターネット接続サービスですので当然携帯電と同じで電波状況によって利用できるところとできないところがあります。下記のページでサービスエリアを確認することができます。が、シミュレーションで表示している内容なので実際に状況とは異なる場合があります。

サービスエリア|UQ WiMAX – ワイヤレスブロードバンドで高速モバイルインターネット

実際、東京都内はすべてサービスエリアになっていますが、浅草の居酒屋の窓際で使った時に全く電波が入らなかったりする事もあったので、WiMAXをはじめる場合には後悔しないために下記のTry WiMAXレンタルという15日間無料でWiMAXをレンタルできるサービスがあるのでこれで実際に自分が利用する場所で利用できるかをしっかり確認してから本格的に契約する事をおすすめします。

Try WiMAXレンタル|UQ WiMAX – ワイヤレスブロードバンドで高速モバイルインターネット

私の場合はちょっと賭けに出ました。WiMAXルーターの電波強度は以下のようにランプの色と点灯・点滅状態で表されます。

電波強度 (強):

グリーン点灯

電波強度 (中):

オレンジ点灯

電波強度 (弱):

レッド点灯

WiMAX接続中:

オレンジ点滅

アップデート中:

グリーン点滅

WiMAXサービス圏外:

レッド点滅

台東区の自宅ではオレンジ色で使えました。自宅には光回線があるので特にWiMAXを利用する必要はないのであまり関係ないのですが、実際に使いたい場所は実家なので実家で使えるかが問題です。しかし、サービスエリアで見ると九州の片田舎にある私の実家は、3月の時点では全くの範囲外でした。しかし、よく見ると「2012年4月末までに拡大予定のサービスエリア」という黄色い色で塗りつぶされたエリアになっているように見えました。なので、実際に使えるかわからないけど4月末までに使えるようになるんじゃないかという淡い期待をもって契約に踏み切ったわけです。

実際どうだったかというと、地元の無人駅にたどり着いた時にあまりの電波の悪さに愕然としました。かろうじてサービスエリア内に見える駅でさえ、オレンジと赤を行ったり来たりですw。駅から実家まで、WiMAXルーターを片手に電波状況のいいところを探しながら帰りましたが、実家の周りをウロウロしても赤や赤の点滅ばっかりでした。まあ、実家はその時点ではエリア外ですからしょうがないのですが、家から2分くらい歩いたところにあるグランドの片隅だとオレンジになる場所がありましたが、一度そこでインターネットしましたが夜な夜なノートPCもってグランドにいると怪しすぎるのでやめました。

実家の家の中では座敷のところでエリア外にもかかわらず赤色でつながるところがありました。赤色ならメールチェックと軽いネットサーフィンくらいなら可能です。しかしある時、座敷の窓際のある特定の位置であればオレンジ色になることを発見しました。オレンジ色ならばニコニコ動画やYoutubeを視聴することが可能です。あまり高画質なものはバッファリングが発生してしまうことがあるのでその場合は画質を落とすなどの対応がひつようですけど。

かなりエリアから離れたエリア外にもかかわらずオレンジ色で使えているのでかなりラッキーな状況です。ピンポイントであればそういう場所も存在するのでWiMAXユーザーのひとは自分の家の中で電波の良い場所をピンポイントで探してみるといいかもしれません。うちの場合、オレンジで安定したり、日によっては赤い点滅になったり、赤でしか接続できないという事もあったりで電波は不安定でした。

これで、4月末までにエリア内になればもしかして緑色で接続できる日が来るのではないかと淡い期待を思ったりしていたのですが、その期待は5月になって見事に打ち砕かれましたw。

以下のようにエリアマップが更新されたのですが、4月末までにエリア内になるように見えていた私の実家のエリアは完全にサービスエリアでも予定エリアじゃなくなってしまっていましたw。「えっ?」っと思ったのは言うまでもなく騙されたーと思いました。現在は「2012年7月末までに拡大予定のサービスエリア」にもなっていません。隣町は黄色くなっているので7月末までにはサービスエリアになるかもしれないですね。

20121542

うちの実家には光も来てないのでブロードバンドに契約するとするとADSLしかないのですが電話局からだいぶ離れているので(約3.4キロ)伝送損失も結構有りそうです。WiMAXも来ないしで困ったものです。まあ、それでもなぜかピンポイントで場所を選んで設置すればオレンジで使えているので掛けには買った感じなのでラッキーではないかとおもいます。サービスエリア外なのでいつ使えなくなっても文句は言えませんがw。

ただ最近はオレンジ色で安定しているのでちょっと嬉しいです。出来ればサービスエリアにしてもらいたいものです。もちろん下記のページでエリア拡大のお願いはすでにしてあったりします。

お客様の声を聞く|UQ WiMAX – ワイヤレスブロードバンドで高速モバイルインターネット

WiMAXは今後交通機関での利用も快適になるよう取り組んでいくようですが、頑張ってもらいたいと思います。実際九州新幹線のなかでWiMAXを使ってみましたが、博多から熊本の間ですが、線路沿いは電波は来ているみたいで使えるみたいなのですが、トンネルに入ると今のところ電波が途切れて使えなくなってしまいます。九州新幹線の博多・熊本間はトンネルが多いのでほぼ使い物にならなかったですw。今後に期待します。

WiMAXですが、使ってみた感じ自宅メインで使う場合は電波状況が緑色ではない場合はあまりおすすめしません。緑色以外だとネットで動画を見る場合にフルHDなどの高画質な動画だとバッファリングが発生してストレスになると思います。オレンジ色でも普通の動画であればそこそこいけるのでそれで我慢できるなべつにいいとは思いますけど、せっかく同じお金を払うなら回線品質がいいにこしたことはないですよね。一応言っておくとオレンジ色でもGyaOで動画見るくらいなら全く問題無いです。

で、ついてきたWiMAX モバイルWifiルーターが以下のUroad-8000です。付属品はルーター本体、バッテリ、電源アダプタ、USB電源ケーブルです。

電源を電源アダプタまたはノートパソコンなどのUSB端子からでも得ることができるので便利です。バッテリもかなり持ちます。スペック上は9時間バッテリ駆動するようです。

TS3Y0261

TS3Y0262
Uload-8000の大きさは折りたたみの携帯電話くらいの大きさです。表に電源ボタンがあります。

TS3Y0264
上部側面に電源コネクタとWPSボタンがあります。TS3Y0265
側面、ストラップ用の穴があります。

TS3Y0266
バッテリ格納場所の蓋を開ける溝があります。

TS3Y0267b
バッテリ格納庫は上記の様になっていて、SSIDやKEYが書かれています。

TS3Y0269
電源アダプタ。

TS3Y0270
バッテリ裏面。

TS3Y0271
バッテリ表。

TS3Y0272
バッテリ側面。

TS3Y0273b
Uload-8000にバッテリを取り付けたところ。

TS3Y0274
電源を入れた状態のUload-8000です。
LEDは左からバッテリの状態、WiMAXの契約状態、電波の状態を表しています。

20111512b
Uload-8000の設定画面は上記のようになっています。ブラウザから設定できます。

◆Uload-8000の使い勝手


まあまあ、気に入っています。WiMAXモバイルWiFiルーターとしては上出来だと思います。バッテリ駆動時間の長いし、電波感度も普通だと思うので持ち運んで使うのにはいいと思います。短所としては、5メートルくらい離れると電波の強度が弱くなるのでなるべくルーターと機器は近くで使わないと行けません。3メートルくらいまでだと強度は非常に強いを保てるようです。それ以上離れると電波強度が落ちます。まあ、モバイルルーターなのでしょうがないですね。

あとやっぱりLANポートが無いのはちょっと不便な場合もあるかもしれません。モバイルルーターなのでしょうがないですけど、一度据え置き型のWiMAXルーターだとどうなのかを試してみたいものです。

実家では座敷の電波の入りの良い所(オレンジになるところ)にこのWiMAXルーターを置いているのですが、そこから5メートルほど離れた茶の間に持って行くと電波の強度が弱くなってYoutubeを見たりするとバッファリングが頻繁に発生したりするので難儀します。

いっそのことNTTのADSLに加入しようかと思ってる今日この頃です。

タグ :