破棄差し戻し!「痴漢冤罪沖田国賠訴訟」最高裁判決-JanJanニュース

 「痴漢された」という女性の訴えは本当かウソか争われていた「痴漢冤罪沖田国賠訴訟」の判決言い渡しが最高裁であり、痴漢行為があったとした東京高裁の判決が破棄されて同高裁に審理が差し戻されました。「やってない。冤罪」との原告男性の主張がほぼ認められた形です。

ほんと、これ、冤罪なら酷い話だなーと思います。
しかし、これまでの東京高裁の判決はなんだったのかと思いますね。
状況証拠的には明らかに沖田さんは白っぽいですけどね。
それにもかかわらず、不当な判決を1審2審と繰り返してきたわけです。
とにかく、真実が明らかになるといいですね。
最近、地裁の判決が最高裁で覆るっていう話をよく聞くような気がするんだけど気のせいですかね?地裁の存在意義がよくわからなくなるね。無いと困るんだろうけど
電車に乗るのも大変ですね。
最近は男の人は痴漢冤罪にあわないように両手でつり革につかまったりなるべく女性とはなれるようにしたりと色々努力されている人もいるようですしw。
痴漢する男も最低ですが、嘘をついて、普通に暮らしていたはずの男性の人生を狂わせた女も最低ですね。

タグ :