日時の処理

Sqliteで使える日付の処理

1.date( timestring, modifier, modifier, ...)
2.time( timestring, modifier, modifier, ...)
3.datetime( timestring, modifier, modifier, ...)
4.julianday( timestring, modifier, modifier, ...)
5.strftime( format, timestring, modifier, modifier, ...)
%d  日
%f  ** fractional seconds  SS.SSS
%H  時 00-24
%j  年の初めからの日数 001-366
%J  ** Julian day number
%m  月 01-12
%M  分 00-59
%s  1970-01-01 からの秒数
%S  秒 00-59
%w  週 0-6  sunday==0
%W  年の初めからの週数 00-53
%Y  年 0000-9999
%%  %

現在の日時を取得

sqlite> SELECT date(‘now’);
2007-03-30
sqlite>

当月末日を求める(下の例は本日が三月中の時)

sqlite> SELECT date(‘now’,’start of month’,’+1 month’,’-1 day’);
2007-03-31
sqlite>

UNIXのtime関数の戻り値から時間を求める

sqlite> SELECT datetime(1175224884,’unixepoch’);
2007-03-30 03:21:24
sqlite>

UNIXのtime関数の戻り値から時間を求める。(localtimeに変換)

sqlite> SELECT datetime(1175224884,’unixepoch’,’localtime’);
2007-03-30 12:21:24
sqlite>

1970年1月1日からの秒数を求める

sqlite> SELECT strftime(‘%s’,’now’);
1175249990
sqlite>

▼詳しいことはここ
http://www.sqlite.org/cvstrac/wiki?p=DateAndTimeFunctions

(Visited 1 times, 1 visits today)

タグ : ,