“木村内閣”が遂に出陣 木村拓哉、総理就任で”初心”表明 ニュース-ORICON STYLE-

 異例の5月12日スタートで、SMAPの木村拓哉が内閣総理大臣を演じるフジテレビ系の新”月9″ドラマ『CHANGE』の制作発表会見が9日(水)、都内で行われた。写真撮影では豪華出演者が赤い絨毯の上に勢揃いし、さながら新内閣のお披露目式のような演出。モーニングスーツで登場した木村は「イメージする政治家はいません。それよりも(木村演じる)朝倉啓太としての首相を演じたい」と独自の内閣を築くことを宣言した。
 今作は木村演じる政治にまったく興味の無い小学校教師・朝倉が、ひょんなことから政治の世界に引きずり込まれ、自身の思惑をよそに首相に任命されてしまうという物語。

このドラマ面白いのか興味がありますが、見るかは判りません。国民が政治に関心を持ってくれるきっかけに少しでもなればいいのだけれど単なるエンターテイメントだとつまらないな。
この話、政治に全く興味の無い小学校教師がひょんなことから政治の世界に引きずりこまれて総理大臣になるってはなしですが、映画が好きな人ならピンと来るかもしれないけど、昔アメリカの映画で「チャンス」って言う映画がありました。ずっと、お金持ちの大邸宅かなんかで庭師として働いていた世間のことを全く知らない男が、雇い主が死んだか、解雇されたのか忘れたけど、世間の荒波の中に突然ほっぽりだされるのだけれど、ひょんな事からアメリカ大統領になってしまうというおはなしなんですけど、コメディーというよりシュールな感じがした記憶があるのだけど記憶に残っているので映画は面白かったんだと思う。
総理大臣になる部分がマルパクじゃないといいけど。「チャンス」の場合、適当に自分の知ってる庭師の仕事に関係する抽象的な言葉がたまたま、その政治局面を解決または人々を説得するに足る言葉だったりして人々の指示を受けてしまうのだけど、このドラマがそういうノリだったら笑うのだけどw。
『CHANGE』と「CHANCE」で一文字しか違わないのが気になる。www
フジテレビねらってやってる?w

タグ :