Movable Type 4.2で色々カスタマイズしているところですが

現在Movable Type 4.2にバージョンアップした機会にダイナミック・パブリッシング化と今までMT3.2から使ってきたテンプレートを初期化して1からカスタマイズを行っています。

トラブル回避できるようになったのでwww。それについてはまた後で書くとして今はカスタマイズ中に色々思ったことを書いていこうと思います。

でね、色々テンプレートとか弄くってるわけですけど、あのね・・・いまさらだと思われるかもしれませんが・・・

色々便利になり過ぎてんですけど!!!

過去のテンプレートには見受けられなかったタグが色々見受けられるわけですが

●モジュール化がかなり進んでます。
具体的には下の様にテンプレートの中で別のテンプレートモジュールを<$MTInclude$>で読み込んでいたりしてます。共通化できる部分はモジュール化して使いまわしたりできるし、テンプレートの見通しが取っても良くなってます。

<mt:Entries limit=”$limit”>
                            <$mt:Include module=”ブログ記事の概要”$>
</mt:Entries>

●処理の無効化
下の様に<mt:Ignore>から</mt:Ignore>の間にかかれたものは一切処理されません。激しく便利です。前はコメントアウトしても処理されてエラーになって困るのでちょっとした違いでもテンプレートの複製を作った後に修正したりしたんですけどこれならいろんな処理パターンを全部一個のテンプレートに書いておいて必要に応じて有効にしたり無効にしたり出来ます。便利すぎ!。

実際、アーカイブテンプレートの中で、アーカイブの出力パターンが普通のアーカイブリスト、月別カテゴリリストとか最初から登録してあって、好みに応じて有効無効にするように書いてあったりする。MT4.2のデフォルトだと、ブログのサイドバーに表示されているような月別とカテゴリ別のリストになっているのでMT3.2と同じようにアーカイブリストを表示するようにしてWing Memoさんの所を参考にさせて頂いてページ分割するようにしました。

WingMemo: ダイナミック・パブリッシングで頁分割(8) MT4.2公式編
http://taeko.w-museum.com/wing/200808161315.html

<mt:Ignore>
この間に書かれたものは処理されません。
</mt:Ignore>

●表示内容をページに応じて分岐できるようになっとる!!
下の様にですね、書くと表示表示するページ毎に標示する内容を変更というか分岐できるんですね。ElseとかUnlessとかでもっと色々細かく調整することも可能です。Wigetの中でトップページでは標示するけどカテゴリアーカイブでは表示したくないとか、日付アーカイブでは別のものを表示したいとか分岐できてとっても便利なわけです。ページ毎にウィジェットセットを定義していた日々はなんだったのだろうか・・・?

<mt:If name=”main_index”>
    トップページで表示される内容を書く
</mt:If>

<mt:If name=”archive_index”>
    アーカイブページで表示される内容を書く
</mt:If>

<mt:If name=”entry_template”>
    エントリー(記事)で表示される内容を書く
</mt:If>

<mt:If name=”category_archive”>
    カテゴリーアーカイブで表示される内容を書く
</mt:If>

<mt:If name=”datebased_only_archive”>
    月別アーカイブで表示される内容を書く
</mt:If>

そういうわけで、色々カスタマイズ中に思ったことを少し書いてみた。まだカスタマイズ終わってないのでいまから続きやります。なんでこんなに時間が掛かるかっていうとやっぱりサーバーが重いからかなー、画面の呼び出しに結構時間が掛かったり設定変更ボタン押してから完了までにも結構まったりするわけですよ

タグ : ,