大阪ガスサービスショップを家の中に入れてはいけない – GIGAZINE

上記写真は実家の2階台所にあるガス給湯器のコンセントなのですが、既にちぎれかかっています。しかもさらに調べてみると「明らかに何者かが故意にカッターで切った」形跡だったことがわかりました。これは外壁塗装の業者が塗装前に発見したもので、「このまま放置していると漏電して危険、火事になりかねない」ということで教えてくれたもの。そして、この発見の直前に「大阪ガスサービスショップ」が「ガス設備点検巡回」に来て、この給湯器を触っているわけですが……。

随分とひどい話の様です。同様の事例が無いか情報を集めているそうですので同じような目に会った人があったら是非教えてあげてください。
過去のエントリーに書いてますが、うちでもガス給湯器の交換時に軽く問題があったので他人事とは思えません。全てとはいいませんがガス屋さんの中には相手に知識の無いのをいいことにかなりぼったくってる人がいるんじゃないかというイメージがあります。どの業界にも言えることではありますが。
ガス給湯器の交換はかなり悩ましく面倒くさい問題ですが、
今はインターネットがあるのであらかじめ基礎知識や体験談など色々調べることが出来ます。しらないからといって相手の言うことを鵜呑みにしたり、任せっきりにしないで自分でも色々調べることが大切です。(節約になるかもしれないし)
●ガス給湯器を買い換え(交換)しました。 – KUMA TYPE
http://blog.kumacchi.com/2007/07/post_219.html

タグ :