mt-search.cgiを自作のCGIに入れ替えてみた。

mt-search.cgiを削除してみたり復活してみたり忙しいおいらですが、mt-search.cgiを復活してrobots.txtでロボットからのアクセスを拒否してるので前ほどは不可が掛かっていないと思いますが、更なる不可対策の為に、mt-search.cgiを自作のCGIに入れ替えてみました。


●MTの記事を超高速で検索できるようにしてみた – KUMA TYPE
http://blog.kumacchi.com/2008/08/mt_4.html
上記のエントリーで記事の検索を自前のCGIに切り替えたことは書きましたが、その時に一旦mt-search.cgiを削除したのですが、後でWing memoさんにご指摘を受けたようにmt-search.cgiは記事の検索だけではなく、タグのリンクを押した時のタグでの検索の役目も担っているのでした。
それで、mt-search.cgiを結局復活して、記事の下に付いているタグのリンクやタグクラウドのリンクをクリックされたときの検索用にはmt-search.cgiを利用してキーワードでの記事の検索は自前のCGIで行なう用にしました。
mt-searchc.cgiはMovable Type 4.2になって随分早くはなりましたがやっぱり早くはないのです。キーワード検索だけではなくタグのリンクからも呼び出されるとなると結構負荷が掛かりそうですし、robots.txtを無視してくる行儀の悪いロボットさんもいるので前ほどではないにしてもそれなりに負荷が掛かってそうです。
そういうわけで、今回自前の検索CGIにタグに検索機能も追加して、やっぱりmt-search.cgiたんには引退していただくことにしましたw。
現在、実際入れ替えてありますので、この記事の下にあるタグやトップページのタグクラウドでタグをクリックすると実際に入れ替わっているのがわかると思います。mt-search.cgiに比べるとかなり高速ですので御試しくださいw。

タグ : , ,