Windows 10でCドライブがエラーが発生しブート時にチェックディスクが毎回起動する現象

現時点でWindows 10 Proでバージョン1909のPCを使っているが、先日停電があり、UPSはあったがどうやらバッテリーが寿命らしくWindowsをシャットダウン中に電源が落ちてしまった。そのせいでブートドライブであるCドライブが破損したらしくエラーが発生し起動時にチェックディスクが起動するようになってしまった。

しかし、見た感じチェックディスクが始まる前にそのままWindowsが起動してしまっているように見える。そのためディスクのリペアが行われずブート時に毎回チェックディスクが走るようになってしまった。

情報を探しても起動時にチェックディスクを行わせるやり方か、チェックを自動でスキップする情報ばっかりで役に立たない。

セーフモードで立ち上げてチェックディスクを起動しようとしたがやはりロックができないとそのままではチェックディスクできない。そのためにブート時にチェックディスクを行わせるわけだがそれがうまくいかないので困っている。

コマンドプロンプトをセーフモードで起動するオプションでやってみたがやはりブートドライブがロックされていてリペアできない。

やはりブート時にチェックディスクでリペアさせるしかないようだ。しかしそれができない。

色々探し回っているときに知恵袋か価格ドットコムのBBSで見かけた書き込みで復元でできるというのを見かけたような気がしたので藁にも縋る気持ちでやってみることにする。別に復元したくないので避けていたのだ。

復元画面に行くには下記の手順で行う。

Windowsキー+I>更新とセキュリティ>回復>今すぐ再起動>トラブルシューティング>詳細オプション>システムの復元>アカウントの選択>パスワードの入力>続行>システムの復元

以降は画面の指示に従って適当な復元ポイントを選択して復元を行おうとする。

するとここでディスクチェックが働くらしくこのままだと復元できないので復元の前にエラーがあるので修正しろという旨のメッセージが表示される。チェックディスクが起動するが、またかーといった感じで「それができないから困ってるんだけどなー。どうせロックされてるからできないとか出るのだろう」と思った。

が、ここでは何の制限もないらしくすでにディスクもロックされていないらしくそのままチェックディスクが行われディスクがリペアされた。その後復元をすることができるがそれをキャンセルしてそのまま再起動するとブート時に毎回チェックディスクが走る現象は収まった。

ディスクのエラーも修復されたようでなるほどこんな方法があったのねと目からうろこだった。

まあ、何か問題があったら復元するのが手っ取り早いということだね。

 

あとは、前からスリープからの復帰に失敗したり、しばらくしてブルースクリーンになってしまう問題が残っている。壊れかかっていた外付けハードディスクをつないでいるせいだと思っていたがどうやらそうではないらしい。後怪しいのはやっぱりRAMディスクなのでこれを外してみようかと思っている。長年使ってきたRamPhantomEX LE 1.10だがいまさらRAMディスクでもないだろう。色々環境がRamディスクに向いているのから戻すのが面倒だ。

追記:2020年10月27日 13時42分

スリープすると再起動したりしばらく使ってるとブルースクリーンになってしまう問題は今も解決していない。

なので結局電源を入れっぱなしにしたり最近は家にいないときは電源を切るようにしている。

スリープが安定する生活を送りたかったがこのマシンではあきらめることにする。次回組み立てたときにはきっちりチェックしながら組み立てたいと思う。

RamPhantomEXはアンインストールしたがちょっと挙動が変わったので安定したと思ったがやっぱり再発したので、原因の一つであった可能性もあるが、解決には至っていない。

ほかにも怪しそうなソフトをアンインストールしたり設定を変更したりドライバをアップデートしたりしてみたが駄目だった。

新規インストールではなくアップグレードだからダメなのか、何らかのドライバが原因なのかソフトが原因なのかハードのトラブルなのか全く見当がつかない。

今のPCもそろそろ6年位になるので新しく組み立てたいところだがお金がないなー。無事に年を越せたら来年はフルタイムで働こうかな。コロナ収まるかな?

(Visited 7 times, 1 visits today)

タグ :