中国産鰻からマラカイトグリーン検出

中国産鰻加工品から、我が国では食品中に含有してはならないと定められている合成抗菌剤マラカイトグリーンが検出されたそうだ。
多分スーパーに並んでるあれがそうだろう。
私としては、そういうことが起こるだろうということは予想していた。
もっと、変な物だってはいっているかもしれない。
なので、本当は大丈夫かなと思いつつも食卓にでてくる鰻を食べていたことも事実である。
外国産のアサリについても同じようなことを思っている。(主に北朝鮮産とか?)
大きくて美味しそうであるが、殻が奇形しているのをたまに見かける
私は、有明海でそだったので、子供の頃からよくアサリ貝を取って食べていたし
そうそう奇形を見かけることは無かったと思う。
奇形のアサリ貝を見かけると不安になる。
なぜこんなに不安になるかと言うと、社会で習ったと思うが
日本でも、高度成長期や発展途上時には色々な過ちを犯しているからだ
・水俣病
・イタイイタイ病
などである。
中国や北朝鮮は今そんな時期ではないだろうか?
六歳まで大阪で育った。近くに川があったがいわゆるドブというものだった
ヘドロとわけのわからない色をした水そして匂い、今でも覚えている。
いろいろなものを川に垂れ流しにしていた時代の話だ。
今の環境基準ではありえないことなのだとおもわれるが
中国や北朝鮮などでそういう環境基準に達しているのか疑問だ
多分無いだろう、あってもまもられていないだろう。
著作権や特許など無視したコピー大国でしられている中国ですから・・・。
何でも垂れ流しの川が注いでいる海で育った海産物などを
あまり、私は食べたくないと思う。
消費者はただ安いからと言うことではなくリスクの少ない
食べ物を選んで食べる必要があると私は思う。
ただでさえ、海産物に含有する水銀量は増えてきているのだから
先ほども述べたが私は有明海に面しているところでそだった
近くに水俣がある。わたしにとっては割と身近な話なので
そういうことが起こらないようただ祈るばかりである。
▼構成労働省:中国産養殖鰻のマラカイトグリーン検出について
http://www.mhlw.go.jp/houdou/2005/08/h0804-2.html

タグ :