楽天で中古のcrucial SSD CT1000MX500SSD1を買ってみた

2015年末に組み立てたPCを未だに現役で使っていますが、SSDが240GBでエクスプローラーでいつも赤色で手狭になってきたので1TBのSSDを中古で買ってしのぐことにしました。

 

楽天のワットマン楽天市場店で6,336(円)で購入しました。新品で買うつもりだったのですが、結構高いのと中古で安かったのと、古いPC用だからまあいいかと思って中古で買ってみました。大丈夫かな?

シリアル番号から2021年12週目製造であることが分かります。12は多分12月じゃなくて第12週の事だよね?どっちかだと思うけどまあ2021年製増ということで約3年前って事かな。今使ってるPCの240GBのSSDが2015年に購入したものだからそれに比べれば6年も新しいw

取りあえずどれくらい使用されているのかCrystalDiskInfoで確認してみることにするけど、現在SSDが2台載っているのでそのSSDもどんな状況になっているのか合わせて確認してみたい。

これが2015年末に買ったSanDiskのSDSSDA240Gで240GBのSSD。価格は9,580 円(税込)だった様だ。高いねw

これがゲーム用のストレージとして2023/10/03に購入したADATA ASU650SS-1TT-Rで1TB。steamのゲーム用ストレージとして利用。価格は5,280円と激安だった。ドスパラWEBサイトにて購入

これが今回購入したcrucialのCT1000MX500SSD1で1TB、価格は6,336円でワットマン楽天市場店で購入

今でも5000円ぐらいの1TBのSSDは売っているがCドライブ用なのでこれで良かったと思う。

現在の使用状況を表にまとめてみよう

ID SDSSDA240G ASU650SS-1TT-R CT1000MX500SSD1
製造時期 2015年45週 2023年 2021年12週
インタフェース Serial ATA Serial ATA Serial ATA
ファームウェア Z22000RL U0510A0 M3CR033
対応転送モード SATA/600 SATA/600 SATA/150 | SATA/600
対応規格 ACS-2 Revision 3 ACS-3 Revision 4 ACS-3 Revision 5
対応機能 S.M.A.R.T., APM, NCQ, TRIM, DevSleep S.M.A.R.T., APM, NCQ, TRIM S.M.A.R.T., APM, NCQ, TRIM, DevSleep
総読み込み量 (ホスト) 41164 GB 5121 GB
総書き込み量 (ホスト) 55762 GB 526 GB 1685 GB
総書き込み量 (NAND) 263651 GB 298 GB
電源投入回数 267 回 15 回 140 回
使用時間 1179 時間 4620 時間 1035 時間
温度 37 C (98 F) 26 C (78 F) 21 C (69 F)
健康状態 正常 (100 %) 正常 (0 %) 正常 (100 %)
01 リードエラーレート 000000000000 000000000000
05 代替処理済のセクタ数 000000000000 000000000000 000000000000
09 使用時間 00000000049B 00000000120C 00000000040B
0C 電源投入回数 00000000010B 00000000000F 00000000008C
A0 訂正不可能セクタ数 000000000000
A1 予備ブロック数 000000000064
A3 初期不良ブロック数 000000000009
A4 総消去回数 0000000000AF
A5 最大消去回数 000000000003
A6 最小消去回数 000000000002
A6 最小書き換え回数 000000000634
A7 平均消去回数 000000000002
A7 ダイ当たりの最大不良ブロック 000000000000
A8 最大消去回数 (スペック) 000000000668 0000000013BA
A9 残り寿命 000000000064
A9 総不良ブロック数 00000000001E
AA 不良ブロック増加数 000000000000
AB 書き込み失敗回数 000000000000 000000000000
AC 消去失敗回数 000000000000 000000000000
AD 平均消去回数 000000000652
AD 平均ブロック消去回数 000000000006
AE 予期せぬ電源断回数 000000000039 000000000011
AF 書き換え失敗回数 (ワーストダイ) 000000000000
B0 消去失敗回数 (ワーストダイ) 000000000000
B1 総ウェアレベリング回数 000000000000
B2 不良ブロック数 000000000000
B4 未使用予備 NAND ブロック数 000000000014
B5 総書き換え失敗回数 000000000000
B6 総消去失敗回数 000000000000
B7 SATA インターフェースダウンシフト 000000000000
B8 エラー訂正回数 000000000000
BB 訂正不可能エラー数 000000000000 000000000000
C0 電源オフリトラクト回数 000000000007
C2 温度 003800000025 00000000001A 003700000015
C3 ハードウェア ECC 訂正 000000000000
C4 代替処理発生回数 000000000000
C4 セクタ代替処理発生回数 000000000000
C5 代替処理保留中のセクタ数 000000000000 000000000000
C6 訂正不可能エラー数 (オフライン) 000000000000
C6 回復不可能セクタ数 000000000000
C7 Ultra DMA CRC エラー数 000000000000
C7 CRC エラー数 00000000000E
C7 SATA CRC エラー数 000000000000
CA 残り寿命 000000000000
CE ライトエラーレート 000000000000
E6 メディア消耗指標 000000000036
E8 利用可能な予備領域 000000000064 000000000064
E8 残り予備領域
E9 総書き込み量 (NAND) 0000000405E3
D2 RAIN による訂正成功回数 000000000000
F1 総書き込み量 (ホスト) 00000000D9D2 0000000041DC
F2 総読み込み量 (ホスト) 00000000A0CC 00000002803A
F5 総書き込み量 (NAND) 000000002556
F6 総書き込みセクタ数 (ホスト) 0000D2B97288
F7 総書き込みページ数 (ホスト) 000001BAA3D5
F8 総書き込みページ数 (FTL) 0000041EFEAF

メーカーによってS.M.A.R.T.の値が若干違いがあるのはまとめてみた初めて知った。色々ググってみたけどC6の値が0から変わってないのでどれも今のところ問題なさそう。

今回中古で購入したCT1000MX500SSD1もそこまで使い込まれてなさそうだし、問題なさそう。予期せぬ電源断回数(AE)が何度かあるのが気になるぐらいか。これはまあSSDのせいではないし

さて、これからCドライブをクローンして入れ替えようかと思う。今は裸族でUSB接続なので内蔵したらステータスに変化があるのかも見てみたい。

 

(Visited 42 times, 1 visits today)

タグ :