映画「靖国」:出演の刀匠「李監督は信用できない」 – 毎日jp(毎日新聞)

映画「靖国 YASUKUNI」の中心的な登場人物で高知市の刀匠、刈谷直治(かりやなおじ)さん(90)と妻貞猪(さだい)さん(83)が、出演場面のカットを求めていることが10日分かった。刈谷さんは自民党参院議員から問い合わせを受けていたことも判明。会見した李纓監督は問い合わせを「介入だ」と批判し、「刈谷さんの了承を得ている。カットすると上映できなくなる」と説明している。
 刈谷さんは毎日新聞の取材に「映画は刀作りのドキュメンタリーと聞いていた。李纓監督はもう信用できない。出演場面をカットしてほしい」と話した。
 映画では、靖国神社に軍服姿で参拝する団体など、境内でのさまざまな出来事とともに、第二次世界大戦中、軍人に贈る「靖国刀」を作った刈谷さんへのインタビューなどが全編にわたって登場する。
 刈谷さんによると、05年10月ごろ、知人を介して出演依頼があった。数カ月後、李監督ら3人が訪れて2日間撮影。昨年春ごろ、刈谷さん宅で試写が行われた。貞猪さんが「政治的な内容でダメだ」と言うと、李監督は「近いうちに代わりのものを送る」と話したが、連絡はないという。刈谷さんは「今さら何を言っても仕方がない。もう静かにしてもらいたい」と話した。

映画「靖国」、政治的な意味でそんなに酷くないって評判をどっかでみたので、内容がどうであれ、見てみたいと思っていたのですが、この話が本当だとするとひどい話ですよね、靖国刀作ってる人を騙して反日映画に出演させるわけですからね。ネットで検索してみると刈谷さんと李監督の言い分が真逆の記事があるのでどちらの言い分を信用するかってのも有りますが、事実は当事者じゃないのでわかりませんけど、とりあえず映画を見てから反日プロパガンダ映画かどうか判断したいものですけどね。反日プロパガンダ映画だったら刈谷さんが出演するわけない訳だし。

と思ったけどニコニコ動画で下の動画を見つけた。


下の一連の動画みてみました。このとおりだとすると完全なだまし討ちです。かなり悪質です。悪意がありありです。
やっぱり中国と朝鮮は信用できなすぎる。これも中国人を信用しちゃいけないって言う一つの大きな教訓になりそうですね。この一連の流れを見ると映画が上映中止になっているのもうなずけます。映画みたいなー。

【ニコニコ動画】稲田議員に聞く、映画「靖国」上映中止騒動 – 左翼メディアの偏向報道
朝日と田原と加藤おわっとる。
朝日新聞はスポーツ新聞並ですね。
最終的な判断はやはり各自映画を見て判断するしかないと思いますが、現状状況証拠的に映画「靖国」には下記の問題点があります。

  1. 映画作成に対しての文化庁の助成金が妥当ではない。(本来特定の思想やプロパガンダ的なものを含むものに助成金は出ない、助成金は税金)
  2. この映画は日本映画というには無理がある。(監督が中国人でスタッフもほとんど中国人映画を作った会社「龍影」は中国の中央テレビの出先会社、共同制作者も中国)
  3. 政治的な宣伝性。メインキャストの三人のうち二人は靖国訴訟原告の菅原龍憲と高金素梅
  4. ドキュメンタリーといいながら、南京大虐殺の数々の捏造写真が表示される。
  5. 朝日新聞の夕刊に映画の全面広告を行っている。朝日新聞の夕刊全面広告は5736万円掛かる。これだけのお金があるのなら映画を作るに助成金はいらなかったのではないか?助成金を貰ったのは他に意図があったのではないか?(文化庁のお墨付きがほしかった?)、この巨額な広告費は何処からでているのか?
  6. 16本の映画の中から4本助成金が出る映画が選ばれそのうちの1本が「靖国」であるが、その選考した委員がほぼ極左や左翼の人々で占められている。(九条の会とか)
  7. ドキュメンタリーといいながら、映画のパンフレットには日本刀が靖国神社の御神体でそれが隠された真実であるとかかれているがこれは全く事実と異なる。



【ニコニコ動画】映画「靖国YASUKUNI」協力者トム岸田氏に聞く1/2

【ニコニコ動画】映画「靖国YASUKUNI」協力者トム岸田氏に聞く2/2

【ニコニコ動画】映画「靖国YASUKUNI」出演者・刈谷直治氏に聞く1/2

【ニコニコ動画】映画「靖国 YASUKUNI」出演者・刈谷直治氏に聞く2/2
●WikiPedia:映画「靖国 YASUKUNI」
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%9D%96%E5%9B%BD_YASUKUNI

タグ :