今回の東北地方太平洋沖地震について

最初はたいした被害はなかったのかなと思っていた「東北地方太平洋沖地震」ですが、情報が明らかになるに従って被害者の数がケタ違いになってきて大変驚きました。原子力発電所の問題も未だに解決しておらず予断を許さない状況になっています。余震も未だに続いています。

今回の地震は数日前にデマと言われていたクジラの奇行に基づく予言が出ていた関係で情報収集をしていたのでもしかしたら来るんじゃないかと思っていました。科学的に証明されたものではないですがイオンさんの地震感知などの予知系のサイトは結構的中している情報も多く「200年に一度の大地震」の予言が話題になっているのを知った時もイオンさんのブログやその他予知系のサイトを見に行って情報収集していてもしかしたらという予見はありました。そんなわけで大きく揺れたときにも『ついに来たか!』と思わず口走ってしまったほどです。デマとされた予言が予言していた0時~1時という時間帯にはちょっと公園に避難しようかと思ったほどですが、よく考えてみるといくらなんでも時間指定できるほどの精度はないだろうと思いそこまではしませんでした。

まだ余震が続いているのでここ数日は警戒したほうがいいらしいのでそういう心構えで今もいます。

募金も始まっているみたいなので余裕がある方は是非募金をお願いします。

2007年の新潟県中越沖地震の時なども、結構予知系のサイトを見たりしていて色々予知されて当たっていたので鵜呑みにはしないものの心構えを持つと言う意味でかなり信用しています。

新潟県上中越沖で大きな地震 – マグニチュード 6.6 – KUMA TYPE

2005年くらいに救急救命24時とか関東大震災がそろそろくるかもという感じでマスコミが煽っていた時期があったのでその時に家の人が下の画像と同じカンパンや飲み水などの保存食を結構買い込んでいたのですが、最近賞味期限切れになったので毎日の様にうんざりしながらカンパン食べていたんですね。マスコミに乗せられていろいろ買わされたよなーと思いながら食べていたのですが、地震来なかったなーと代わりの保存食は買っていなかったのです。そこにこの地震ですから本当に災害というのは忘れた頃にやってくるものだなーと今回実感した次第です。はやり保存食や飲み水は確保しておいたほうがいいと真面目に思います。

LOGOS 缶入りカンパン 100g

相方がコンビニにさっき行ってきたみたいですが、商品が入ってこないらしくしかもこういう事態なのでコンビニの棚は結構空きが目立った状態になっていたみたいです。

相方の息子たち二人は夕べは帰宅困難者で返ってこれずに午前10時過ぎになって帰ってきました。会社には止めてもらえずカラオケ屋を点々としたり夜中歩いていたそうです。

僕にも経験がありますが、経験上から言うと大体5年か10年に一度は雨や雪などの災害などでこういうふうに帰宅困難者になってしまうことが有ります。特にJRは一番簡単に止まって最後まで復旧しないイメージです。今回もそうですね。私が10年くらい前に大雪でJRが止まったときには朝4時頃まで掛けて雪の中を歩いて家に帰ったことがありますが無理に帰らなければよかったと心底思いました。簡易寝袋をかばんの中に入れておいたり寝袋を会社においておくとだいぶ状況は変わってくるので用意しておくといいと思います。ソフトウェア関係の仕事をしている人は割と寝袋を会社においている人がいたりします。猛者になると会社の中にテントを張ったりする人もいます。

アウトドア派のソフトウェア技術者は大体もってます。 デスマーチで泊り込みが多い人は持ってるのを結構見ました。

 

簡易寝袋やサバイバルシートはコンパクトでかばんにも入れて置けるので常備しておくといざという時に役に立つと思います。

枕はあるとないとでは大違いです。

なんにしてもいろいろな方法で日頃から災害の情報を収集してそれに備えた準備をして置いたほうがいいとですね。

タグ :