熊本県産あさりの産地偽装問弾

これだいぶ前にも問題になってたと思うけどまたやらかしたのか・・・。

前は韓国産を産地偽装してたけど今回は中国産ぽいけど、熊本県のアサリのシェア80%で年間2400トンぐらい売ってるらしいけど実際の漁獲量は20トンぐらいしかなくて約97%が外国産らしいと遺伝子検査で分かったらしい。

ていうかね。まあ、知ってたけどね。地元だし、もう有明海ではアサリなんて捕り尽くしてとれないので漁民もアサリ捕りになんてほとんど行ってないだろうし見かけないもんね。

昔はね大勢てトラック何台も海に入ってそれぞれのトラックいっぱいに積み上げて山の様にしてとってきてたんだよね大潮の時は毎日。でね、一回行けば10万円ぐらいかせげたとかで、それで毎日パチンコ行って吸い込まれてたって温泉でだべってる漁民が居たね。

そんなんだから漁獲量調整もしないで捕り尽くしちゃう。小さいのは摂らない様にってやろうとはしたみたいだけど守らなかったみたいだね。

たまに本物もらってもなんだか痩せこけておいしくない元気のないアサリなんだよね。海が汚いんだろうね。

明らかに昔食べたのとは違って比べ物にならないくらいまずいんだよね。身がしまってなくてぶよぶよって感じ。

アサリを捕りつくしてアサリが海を浄化してたのにされなくなって汚れる一方でアサリが育たなくてまた海が汚くなっての悪循環でもう戻れないって感じなんだろうなって思ってる。

なのでスーパーで粒の大きな良さそうな熊本産のアサリを見かけるとあんなのいるわけないのにっていつも思ってたんだよね。やっぱりね。

 

(Visited 26 times, 1 visits today)

タグ :