犯人はPC Tools Firewall Plus

今物凄く脱力してます。理由は今から書きますけど、下はベンチマークソフトCrystalMark 2004R3の画面です。色々なベンチマークを取る事が出来ます。

CrystalMark 2004R3 P4 3.4EGHz

Crystal Dew World
http://crystalmark.info/

 

そして下は、Acrbat Readerが重すぎてウンコなのでPDFみるのに使っているFoxit Readerです。軽くて素敵です。

Foxit Reader

Foxit Software
http://www.foxitsoftware.com/

 

この便利なソフト達を久しぶりに使おうと思って起動してみると固まるわけですよ。ソフトだけならまだしも、OS巻き込んで落ちます。

CrystalMarkはD2DとOGLのテストを行なうとOS巻き込んで固まります。

FoxitはPDFファイルを開くとOS巻き込んで固まります。

最初はCrystalMarkしか問題があることに気付いていなかったのでまず疑ったのはDirect Xとグラフィックボードのドライバです。普通そうですよねグラフィックのテストで固まるんならグラフィックカードとそのドライバを疑います。

それで、いろんな新しいバージョンのドライバに入れ替えては固まってOS再起動を繰り返していたわけです。朝の4時から。で、改善しないわけです。グラフィックカードはGeforce FX5200。ForceWareをとっかえ引返していたわけです。で、直らないので、お勧めドライバより古いものを入れてみようと思い古いドライバを検索して対応しているかどうかチェックし様と思ってマニュアルを見ようと思ったらPDFな訳です。面倒だけどみてみようと思ってそのPDFを開いてみると固まるわけです。OSごと。たまたまかと思ってまたやってみたらやっぱり固まるわけです。OSごと。そのたびにリセットボタン押したりしてPC再起動です。Windows 2000はXPと違って起動が遅いのでストレスたまるわけです。そんなことをですね。朝からずっとやってたわけです。さっきまで。14時くらいまでですね。

で、CrystalMarkだけならあきらめもつくのですが、PDFがみれないのはまずいわけです。いろいろなマニュアルはPDFな事が多いですから。

で、もうですね。黒翼猫さんにアドバイスもらったり、デバッガで何処で落ちてるか調べたり、ドライバ入れ替えてはDLLのバージョンの変化をチェックしたり。他の問題ない環境とのDLLのバージョンの違いをチェックしたり色々やったんですが解決しないわけです。

それでまーPDF開けないので対応状況をチェックできないのですが、いいやとおもって、NVIDIAのドライバ81.98_forceware_winxp2k_international_whql.exeをいれてみたんですよね。

そして、PCの再起動後foxitを動かしてみたら少し動いてから固まるようになったので、さらに再起動後crystalmarkを試してみたらD2DとOGLのテストが動作するようになったんですよ。なんで、古いバージョンなら動くのかなと思って念のためにもう一度新しい方のドライバ「93.71_forceware_winxp2k_international_whql.exe」の方を入れたら、今度は動くんですよね。なんでやねん。と思いながらよく考えてみると、念のためにセキュリティーソフトをOFFにしてたんですよね。Avast!とPC Tools Firewall Plus、まさかーとおもってAvast!を有効にしてみたら問題なし。PC Tools Firewallを有効にしたら、固まりました。

え、なんで?ファイアウォールソフトなのに・・・そんなの想定外すぎですお。

先日PC Tools Firewall Plus Ver.4.0.0.45を導入しました。

犯人はPC Tools Firewall Plus でした。ファイアウォールの機能だけじゃなくてソフトの挙動もチェックしているようです。で、本来起動していいか許可を促すダイアログなり出てくるはずがそうならずにOSを巻き込んでフリーズしてしまうようです。かなり困ったちゃんですね。想定外すぎて時間返してくださいって感じです。調査で半日潰してしまいました。こんなくだらない原因でorz。

PC Tools Firewall Plus結構気に入ってたのでちょっと残念。今後に期待だけどシマンテックに買収されちゃって今後バージョンアップあるの?

そういうわけで回避方法ですが、なんかソフト動かしてOSごと固まってしまう場合、PC Tools Firewall Plusを無効にするか、下の画像のように、アプリケーションを予め追加して、高度設定で「システムとアプリケーションを変更する」を「許可」に変更しておく。これでフリーズを回避してプログラムを実行できるようになる。

PC Tools Firewall Plus
PC Tools Firewall Plusの画面

 PC Tools Firewall Plus アプリケーション>追加
PC Tools Firewall Plus アプリケーション>「+」追加ボタンでリストにソフトを追加する。

PC Tools Firewall Plus ファイルを開く 
リストに追加するソフトを指定する。

PC Tools Firewall Plus アプリケーション>高度設定

リストに追加したソフトを選択して、「高度設定」をクリック。

PC Tools Firewall Plus システムとアプリケーションを変更する>許可 
高度設定の画面で「システムとアプリケーションを変更する」が「許可」以外になっている場合は「許可」に変更する。

※エキスパートユーザーモードの場合は「システムを変更/制御する」を「許可」にする。

変更したら[OK]をクリックして設定を反映させる。

これで問題なくソフトを起動できるようになる。

マジで脱力した。(´・ω・`)

avast!といい、PC Tools Firewall Plusといい、癖が有りますね。もしかしたらWindows 2000だけの問題で、XPでは発生しないのかもしれませんけど、PC Tools Firewall Plus導入されている方で原因不明のフリーズが発生する方は要注意です。

追記:2008.10.10

続・犯人はPC Tools Firewall Plus – KUMA TYPE
http://blog.kumacchi.com/2008/10/pc_tools_firewall_plus_1.html

タグ :