[映画]酔拳2

酔拳2ドランクモンキー2こと酔拳2をGyaOで見ました。

主演は誰でも知ってるジャッキー・チェンですね。

この映画、1994年の作品です。僕は当時映画館に見に行きました。12年くらい前かと思っていましたが14年も前になるのですね。

この映画が公開されたとき、余り扱いは大きくなかったと思います。扱ってる映画館も少なかったように思います。もうジャッキーっていう時代でもないのかなーと少し思ったような。やってる映画館が余りありませんでしたが川崎の駅ビルにある映画館でやってたので見に行きました。僕としては久しぶりに、ジャッキーが昔ながらのカンフー映画をやるとのことだったし、酔拳は子供の頃みて面白くて大好きな作品だったのでかなり期待して見に行きました。ジャッキーはメジャーになってからは時代劇的なカンフー映画をやらなくなったので結構残念に思っていました。ジャッキーの若い頃の出演作はそれなりにカンフーの強い青年が強い敵にコテンパンにされて鼻っ柱をぶち折られて挫折を味わい、老師と出会ってその元で変わった凄い修行して凄いカンフーを覚えて強い敵をぶったおすというお決まりのパターンでしたが、コミカルなキャラと面白くてすごい技の連続のカンフーが面白くて子供の頃は喜々としてみていたのを覚えています。

今回14年ぶりに見たことになりますが、実際、酔拳2は面白いです。昔ながらのストーリー展開とジャッキーのカンフーそして、強い敵。面白いです。エンターテイメント性には磨きがかかっていてとても楽しめる作品に仕上がっています。ジャッキーの映画はエンディングでNG集を流すのが定番ですが、この映画も例に漏れずそうなってます。相変わらず体張ってるなーと思いました。昔、映画館で見たときより面白く感じました。

昔映画館で見たときよりも、面白く感じたのにはいくつか理由があります。当時期待して映画館に見に行った時には、酔拳2は酔拳の続編だと思って見に行ったのですが、そうではなかったのでがっかりした事、いい年こいて昔のようにダメ息子役でもないだろうと少し冷めた目で見ていたこと。子供の頃の思い出補正が掛かっていて昔の方が面白かったと思い込んでしまったことなどがあります。子供の頃の思い出補正の力は凄いです。3年位前にジャッキーの昔の作品を見ましたが、子供の頃思っていたほどの衝撃はありませんでした。酔拳2が面白くないのではなくて思い出補正なんだとその時に感じましたw。

なのでそういうことを踏まえて今回見直した酔拳2面白かったわけです。ちょっと敵のボスが弱すぎるような気がしますけど。

ジャッキーは日本人に中国の橋渡し的な大きな役割をした人だと思います。ブルース・リーが亡くなって新たなヒーローを求めていたところに現れたコミカルなニューヒーローでした。ジャッキー・チェンをみて育った世代は中国にあこがれて、育ったと思います。ジャッキーの映画や西遊記その他色々中国の良さを使えて、中国にあこがれる時代がありました。

少林寺が流行ったり、サムハン・キンポーとかデブのカンフー使い、キョンシーで有名な幽幻道士シリーズやミスター・ブー、チャイニーズ・ゴーストストーリーなどなど、中国の映画が結構流行った時期がありましたよね。

バーチャファイターに出てくる酔拳使いの老人もやっぱりジャッキーの映画の影響だと思います。シェンムーといいセガの中国好きは異常w。(続編つくれよw)

今はもう台無しですけどw。中国は嫌いな国ではなかったんですけどね。

機会があれば、また、昔の作品を見直したいですね。

□関連:酔拳2 – Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%85%94%E6%8B%B32

□関連:酔拳2|映画&ドラマ SF・アクション|無料動画 GyaO[ギャオ]|
http://www.gyao.jp/sityou/catedetail/contents_id/cnt0069329/

タグ : , , ,