[アニメ]エレメントハンター

エレメントハンター(1) [DVD]

GyaOでずっとみてたアニメ『エレメントハンター』の感想。

『エレメントハンター』(ELEMENT HUNTERS)とは2009年7月4日から2010年3月27日までNHK教育テレビで放送した日韓合作のテレビアニメ、およびそれを原作とした作品群である。

エレメントハンター – Wikipedia 最終更新 2010年4月28日 (水) 10:55より引用

最近見たアニメの中ではとても面白かった部類の作品。

wikipediaからの引用にあるように、日韓合作のSF系アニメ。元素消失により危機に瀕した地球を救う為、元素を改修しつつ元素消失の原因究明していくというストーリーです。

最初は妙に足の細いキャラクターデザインがどうにも受け付けないし子供向けっぽかったので見てなかったのですが、ちょっと見てみたら面白かったのでその後は楽しみに見ていました。キャラデザにちょっと癖があるのも慣れましたw。

話は最後の方まで色々謎に満ちているのですがこういう謎で話を引っ張っていくのは嫌いではないです。こういう謎系は最後のタネあかしでタネがしょぼいと一気にしらけるのですが、ちょっと無理矢理っぽい気もしますがまあ許容範囲です。

(許せない例をあげるとキャシャーンsines www)

地球から消失した元素は、別次元の地球であるネガアースに流れ込んでいるのですが、このネガアースに流れ込んだ活性化した元素と化合してしまったネガアースの動物がQEXというモンスター化した動物なわけですが、QEXから元素を回収するのに中学生の理科で習うような元素の結合を応用して回収するわけです。水を電気分解すると水素と水になるとか酸素と水素と硫黄で硫酸になるとかいうあれです。あーこれ教育番組としてもいいよねーとか思ったり、エンディングのすいへーりーべーぼくのふね~っていうやつもポケモンかぞえうたよりよっぽど為になるなーとかおもったりw。後で知ったけどNHKだったのね。さすがですw。

 

最初キャラクターデザインが受けつけなかったと書いたけど、キャラクターデザインは韓国の方のようですが、ホミを見てると同じくNHKで昔やってたふしぎの海のナディアのナディアを思い出すんですよね、肌の色が浅黒いのと例の作画崩壊と話題になった韓国に作画を発注している回のナディア達の作画に良く似てる気がします。気のせいかなー?関係あるのかなー?

ふしぎの海のナディア – Wikipedia

作品としては面白いのでおすすめです。

タグ :