【映画】『キャットウーマン』の感想

キャットウーマン 特別版 [DVD]

GyaOで『キャットウーマン』を視聴。2004年のアメリカ映画。主演はハル・ベリー。wikipediaの情報だと興行的には失敗しているみたい。


ストーリー
化粧品会社に広告デザイナーとして務めるヒロインが新発売の化粧品の秘密を知ってしまい、事件に巻き込まれ、キャットウーマンになるところから話が始まります。


感想

主演の女優さんはこの間見たホラー映画『ゴシカ』と似てるなーと思ったら同じ方でした。ハル・ベリーという方なんですね。この映画が2004年作なので結構前とはいえ当時既に38歳なんですね。映画としては興行的にも失敗しているのから分かるとおりそんなに面白くなかった。つまらないとまではいかないけど、いまいちカッコよさが足らない。というかキャットウーマンの格好がカッコ悪すぎ、もうちょっとどうにかしようがなかったのだろうか。これ系の映画はバットマン(1989年)が走りだと思うんだけど、この映画はバットマンより10数年も後に作られているというのに全体的にバットマンから何ら進歩していないというかむしろ退化しているので失敗したんだろうなーと思う。敵もしょぼすぎるし色々ダメすぎる。敵のザコキャラに東洋人が出てくると一気にB級臭がしてしまうのでやめたほうがいいと思う。クオリティー自体は低くないので暇つぶしにはなると思う。

タグ : , , ,