【映画】『DEATH FILE』(デスファイル)の感想

DEATH FILE [DVD]

GyaO!で映画『DEATH FILE』(デスファイル)を視聴した感想。2006年の日本のDVD作品。ジャンルはホラー、サスペンス。

DEATH FILE|無料動画 GyaO![ギャオ]|映画


出演

長澤奈央秋山奈々川原真琴入船加澄実眞島秀和


監督

福田陽平


あらすじ

亡き父と同じ刑事という職業を選んだ唐沢実奈が猟奇的な殺人事件の捜査を行うことになるが、その事件にDEATH FILEというウェブサイトが関係しているらしいことが分かる。


感想

ヒロインのドヤ顔の演技が残念。同僚刑事の芝居もいまいち。プロファイリングをドヤ顔で語るシーンの残念な感じが半端ないがDVD作品であんまりお金が掛けられていないことを考えると割とよく出来ている方だとは思う。とりあえず暇つぶしくらいにはなる。しかしながら、こういうインターネットや携帯電話などの電子機器関係ホラーは初期の着信アリ以外に面白かった試しがないのと二番煎じというかマンネリ感がしてもう賞味期限切れな感じである。『DEATH FILE2』も続けて見るつもりではあるが、この手の物はナンバリングが進むほどつまらなくなっていく傾向があるので期待はできない。映画やドラマだと子役のシーンになると大抵残念な感じになるがこの映画のサイト管理人役の子役の雰囲気は割といい感じ。「DEATH FILE2」も一応見てみようかと思うレベルなので見て損したと思う事はないと思う。

評価:評価:2.5/5.0

タグ : , , ,