【映画】ポセイドン・アドベンチャー2の感想

ポセイドン・アドベンチャー2 [DVD]

ちょっと前にGyaOで映画「ポセイドン・アドベンチャー2」を視聴したその感想。

1979年のアメリカ映画。ジャンルはパニック物。


スタッフ・キャスト

監督・製作:アーウィン・アレン
脚本:ネルソン・ギディング
原作:ポール・ギャリコ
音楽:ジェリー・フィールディング
出演:マイケル・ケイン、テリー・サバラス、カール・マルデン、サリー・フィールド、ピーター・ボイル、ジャック・ウォーデン


あらすじ

ターナー船長は小さな貨物船の船長であるが時化に遭い積荷をなくしてしまう。嵐がさった後失った積荷の弁償などで船を失ってしまうと途方にくれていたが、ポセイドン号の遭難現場を通りかかる。ターナー船長は沈みかけている豪華客船ポセイドン号に乗り込んでお宝を頂戴することを目論見危険を承知で乗り込もうとする。そこにもう一艘の怪しい船が近づいてくる。


感想

まあ、そこそこ面白いけど明らかに前作の「ポセイドン・アドベンチャー」よりお金がかかってなさそうな感じ、登場人物もエキストラを含めて20人いるかいないかといった感じでこじんまりしている。ポセイドン号が事故にあったあとなので豪華なパーティーシーン等もないし人も殆ど死んでしまったあとなのでエキストラなども死体役だけであとは新たに生存確認される数人と敵役の数人。事故の後なのであんまり誰もパニックにならないのでパニックムービーにもなってない感じだし廃墟だけで壮大なものが壮大に破壊されるというスペクタクルな感じもないので色々と物足りない感じがした。それでもそれなりに面白いので十分暇つぶしにはなると思う。

個人的に見どころはヒロインのセレステ役のサリー・フィールドの若かりし頃の姿が見られることでしょうか。この人どっかで見たなーと考えてたらちょっと前にGyaOで見たER緊急救命室のアビーのお母さん役の人だよなーと思ってwikipediaみたらやっぱりそうだった。この人雰囲気がある人なのでER緊急救命室で見たときにもどこかで見たことある人だよなーとはおもってたんだけどアビーのほうが若かりし頃のサラ・コナーっぽいのでそっちの方が気になって調べてなかったんだけど今回調べてみたらミセス・ダウトの時のロビン・ウィリアムズの奥さん役だったり、フォレストガンプの時のトム・ハンクスの恋人役もこの人だったんですね。見かけが若い頃とあんまり変わってない。

 

ポセイドン・アドベンチャー2|無料動画 GyaO![ギャオ]|映画

ポセイドン・アドベンチャー2 – Wikipedia

サリー・フィールド – Wikipedia

タグ : , ,