Tver(ティーバー)が全画面にしても数秒後に元に戻ってしまう問題の対処法

無料でテレビ放送の見逃し配信が見られる民放公式テレビポータルアプリTver(ティーバー)を母が愛用しているが、数日前に私の部屋にやってきて、画面が小さくなったと言ってきたので全画面のアイコンを押せば全画面になるからと教えてその場は終わったのだが、数日後にまた全画面にしてもすぐに小さくなるとかわけのわからないことをいうので、翌日見てみるとわかった。

なんだか知らないけど、全画面にしても数秒後に元のサイズに戻ってしまう。完全におかしい、バグだろう。
Google Playのアプリのレビューを見に行くと案の定同じような症状の書き込みが多数あり、バグであることを確信した。

母にそのことを話してバグみたいだからそのうち直るよといって、とりあえず画面の拡大ボタンでしのいでとやり方を教えた。実際ARROWS Tab F-03Gのホームボタンと戻るボタンの横には拡大ボタンが付いていてこれを押せばとりあえず全画面みたいな感じで見ることができる。ちょっと見切れちゃうけど。

そんな時に、母が傾けると全画面じゃなくなってしまうとかぼそっと言ったので、(え?時間じゃなくて傾けても戻るの?)と思いなんかピンときた。

画面回転の処理になんかバグがあんじゃねーのと思いタブレットの自動回転機能をOFFにして横画面に固定してみた。
すると、Tverで全画面にしても元に戻らなくなった。とりあえず問題が解決した。
これで大丈夫だからこのまま使ってねとこの問題は解決。

で、さらにチェックしてみるとタブレットの画面の自動回転をOFFにしても、タブレットを傾けるとTverの画面も回転することが分かった。
どうやら、自前でタブレットの傾きを制御していると思われそのせいでおかしくなっているのだろう。自前でやるならタブレット自体の自動回転を抑制するような処理を入れなければならないところを入れてないとかそんなとこじゃないだろうか?

しらんけど

まあ、困ってる人は端末自体の自動回転を切ると解決するかもね。

(Visited 12,573 times, 8 visits today)

タグ :