Googleの日本語入力ソフト「Google 日本語入力」betaをインストールしてみた。

 

 XG001683

Googleが今日発表した日本語入力ソフト「Google 日本語入力」betaを早速インストールしてみましたのでレポートしてみたいと思います。

最初に思ったのはコンプセントが「Social IME」みたいだなーと思いました。違うのはオフラインで使える点が「Google 日本語入力」の方が優れているのと、オフラインで変換できるので「Social IME」はどうしてもサーバー側で変換なのでもっさりしていたのに比べると高速なのと変換精度がかなりいいです。これはグーグル検索の「もしかして」機能の技術の応用のようで納得です。その他にも日本語処理システムや日本語入力システムの開発者の有名どころが開発に参加(Google Japan Blog参照)されているようです。僕もMeCabにはだいぶお世話になってます。

で、実はこの記事自体を「Google 日本語入力」で現在書いています。そして感想をいわせてもらうと。。。

とってもGoo!です。

何がいいのかというと、変換する必要がないです。というか、変換の候補を考える必要がほとんどないです。入力しながら適当なところでスペースキーを押せば最適な変換をしてくれるので、どんどん文章を入力して行くことができます。変換もとっても早いので、「もっさり&誤変換」の「Microsoft Officce IME 2007」とはおさらばできるかもしれませんw。

ただ一つ難点を上げるとすれば今のところユーザー辞書がないのかな?まあ、あんまりなくても困らないですけど、独自の変換登録してたりする文字がちょっと入力しづらくなるくらいですね。

修正2009/12/06

すいません。ユーザー辞書ありました。Microsoft IMEの辞書からのインポートもできるようなのですがインポートが上手くいかないのでいまいろいろ試し中です。というわけで「Google 日本語入力」最強伝説のはじまり?

この記事を書いていてかなり気に入ったので、問題がなければメインのIMEとしてこれから使っていきたいと思います。とってもおすすめなので今使っている日本語入力ソフトに不満がある人は是非とも試してみてください。今のところ一応ベータ版(永遠にベータ版?)なのでそこのところは理解してご利用ください。

Google 日本語入力 – ダウンロード
グーグル、日本語入力ソフト「Google日本語入力」を公開 -INTERNET Watch
Google Japan Blog: 思いどおりの日本語入力 – Google 日本語入力
◆関連記事:IME色々

タグ : ,