【映画】『トランスフォーマー ダークサイド・ムーン』の感想

トランスフォーマー/ダークサイド・ムーン

火曜日(2011/08/30)に木場の109シネマズで映画『トランスフォーマー ダークサイド・ムーン』IMAX 3D版を見てきました。例によって弟に誘われて弟のおごりで見てきましたw。初めての3D映画体験です。


スタッフ・キャスト

監督:マイケル・ベイ
脚本:アーレン・クルーガー
制作総指揮:スティーブン・スピルバーグ
主演:シャイア・ラブーフ


あらすじ

月の裏側にトランスフォーマー達の宇宙船が墜落していることが分かる。またかつてのアポロ計画はこの謎の宇宙船を調査するためだった事実も明らかになる。トランスフォーマー達はこの宇宙船を調査しかつて共に戦ったセンチネル・プライムし蘇らせようとするが・・・。


感想

トランスフォーマーの映画は全3作あるようで今作がファイナルらしいのですが初めて見ます。前の二作は見てないので微妙に話が見えなかったです。良くも悪くもハリウッド映画で内容は有りませんがエンターテイメントとしてはとても良かったと思います。

見ていて思ったのは、色のついていないトランスフォーマーの敵味方がわかりづらいなーおもいました。あとでわかったんですが別の種族で戦ってたのかと思ったら同じ種族の善と悪のたたかいだったのね。

主人公が情けない奴でダサい。まあそういう役なんだけどもうちょっと活躍して欲しい。全作見ている弟に主人公いる意味あるの?前の話ではもっと活躍してるの?って聞いたらもっと活躍してるらしい何しろ2回も地球を救ってるらしいし。前の話ではもっとダサいやつだったらしい。

映画を見ていると色々疑問が湧いてきた。

車にトランスフォームしている時は傷もなくてピカピカなのにロボに戻ると微妙に壊れてたりするんだよね。なんで?

彼らは金属生命体らしいけどキズが付いたりうでがもげたりしても修理できるのかな?

映画を見ていたら乗り物をスキャンしてるシーンがあったそしてスキャンした乗り物にトランスフォーム出来るのねー。

空を飛べるトランスフォーマーと飛べないトランスフォーマーに違いは何?

性別が男性しかいないのかな?というか性別という概念はあるのだろうか?

どうやって子孫増やすの?

どれくらい生きられるの?(あとで聞いたらほぼ永久?)

そもそもなんで永久に生きられるのに戦争なんかしちゃったの?

目が弱点すぎるw。

この映画を見るときに注意点としては上映時間が2時間45分くらいあるので途中トイレに行く覚悟をするか、途中で退席したくなければあらかじめトイレにいって飲み物は控えたほうが無難です。僕はラストのほうでトイレ行きたくなって話に集中できなくなりましたw。上映時間が2時間45分もあるなんて知らなかったのでクライマックスに入ってからあんなに長いとは思わなかったのでww。

後はやっぱり前作と前々作を見てから本作を見たほうがいいと思います。

3D自体は期待していたほど3Dに見えなかったのがちょっと残念でした。時間が長いので過度の3Dは控えているのかも知れませんが、昔ディズニーランドで見たマイケルジャクソンの3D映画のほうが隕石が目の前で手に取れる様に浮かんでいて凄く面白かったのを覚えています。思い出補正もあるかもしれません。宇宙船の中をグリグリ動くシーンなどは凄く良かったです。全体的には今3D表示されてるのかされてないのかわからないような微妙なシーンが多かったのでもっとわかりやすい3Dをふんだんに使って欲しいと思いましたが3Dはあって邪魔になるものでもないのでこういうエンターテイメントな作品ではどんどん使って欲しいと思いました。

ロボットの戦闘シーンなどは日本のアニメやゲームなどで使われるCGのロボットの戦闘シーンなどは目で追えない様なスピードで戦闘が展開するので見てて目がつかれるのとわけがわからないのでトランスフォーマーの比較的普通のスピードの戦闘は好感が持てました。

この映画は友達と見に行くのが良さそうですね。

CA350210

映画館で撮った巨大ポスターの写真

109シネマズ ホームページ
トランスフォーマー – Wikipedia


四方山話

いつもの脱線コーナーです。

トランスフォーマーって元々タカラトミーのミクロマンシリーズのおもちゃをアメリカのハズブロ社と提携してアメリカで売って向こうで大ヒットしたものを日本に逆輸入したものらしいのですが、この流れが実はずっと昔から続いていたりします。僕が子供の頃サイボーグ1号という玩具が流行ってました。スケルトンで中身が機械のアクションフィギュアっぽい人形です。僕も1個持ってました。サイボーグ1号はG.Iジョーっていうアメリカの玩具を真似たものらしいのですがそのG.Iジョーを作ったのがアメリカのハズブロ社だったりします。

で、サイボーグ1号の後はタカラトミーはミクロマンを作るわけですがこのミクロマンの後期に発売された変形する乗り物を提携先のハズブロ社がアメリカで売ったものがトランスフォーマーということらしいです。

下の動画が変身サイボーグ1号の歌らしいのですがTVCMでサビの部分だけ「サイボ~~グいちご~~♪」と流れていたのを思い出します。

G.I.ジョー – Wikipedia
変身サイボーグ – Wikipedia
ミクロマン – Wikipedia
トランスフォーマー – Wikipedia

探したらCM集有りました。

種類が色々あるので、お金持ちのうちの子は何種類も持ってたりするんですよねー。ボルテスVの超合金も僕は足しか持ってなかったけど金持ちの子は5機全部もってて合体出来たりとか子供の頃から既に格差社会だったw。それでも今にして思えば当時1機かってもらえてるだけでも幸せだったんだなーしみじみ思います。親孝行しないと。

タグ :