CLaunchとclip.exeを使ってパスワード入力などを楽にする方法。

ソフトを簡単に起動できるランチャソフトとクリップボードに文字をリダイレクトしてクリップボードに登録できるclip.exeを利用してパスワード入力などを簡単にしようというお話。

クリップボードの履歴などを管理するソフトなども色々ありますが、どうせなら普段から使っているランチャのCLaunchを使って、簡易的なクリップボード履歴ソフト替わりにできないものかと思い工夫してみました。

20111491

 ぴょんきちのページ

クリップボードに文字列を登録できるclip.exeはXPの限られたバージョンとVista以降には最初から入っているようです。

Windows XP Home editionなどにはないっていない様ですのでVectorから純正の代わりとして使えるフリーのclip.exeがありますのでこれを利用します。

clip.exeの詳細情報 : Vector ソフトを探す!

解凍するとclip.exeが出てきますので

20111492 

C:\WINDOWSなどのパスが通っているフォルダーにコピーしておきます。

そして次に、CLaunchのボタンにアイテムを登録します。

20111494

アイテム登録の画面が表示されたら、
%SystemRoot%\system32\cmd.exe
と入力します。

20111495 

OKボタンをクリックすると、下の様にcmdというボタンが登録されます。

20111496

で、このボタンを右クリックして「プロパティ」を選択します。

20111497

ボタンのプロパティの画面が開いたら、
名前:適当な名前
パラメータ:「/c echo クリップボードに登録したい文字列|clip
(※例では登録したい文字列をhogehogeにしています。)
実行時の大きさ:最小化
ツールチップ:説明文など
を入力してOKをクリック。

20111498

登録できたら早速使ってみます。
ボタンをクリックした後

20111499

実際にエディタ等の画面で貼り付けをやってみると

20111500

ボタンでクリップボードに登録した文字列を貼り付けることができます。

20111502

この機能を利用するとパスワード入力などを楽に行なうことが出来るようになります。色々応用も効きます。

一つ問題点として改行コードが必ず入ってしまう問題が有ります。改行コードが最後にくっついてしまうと、かならずエンターキーを押されたのと同じ動作になってしまうことがあるので、注意が必要です。エンターキーが入ると困る場合は、別の方法を考える必要が有ります。CLaunch自体がクリップボードへの登録機能をつけてくれると嬉しいですけどね。

タグ :