電撃殺虫器OBK-06S買ってみた。

07-0256 電撃殺虫器 6Wタイプ OBK-06S
amazonで現在2千円強するこの電撃殺虫器OBK-06Sを、6月末に買いました。場所は宇土市にあるホームセンターサンコー。まあ、熊本県です。新聞のチラシで4Wの方のOBK-04Sってやつが1500円位で売ってたので、amazonより安いじゃんということで買い物に行った時についでに買おうと思ってました。amazonで現在1900円前後です。で、数日後買いに行くと、売れ切れてましたw。


大きな地図で見る

しかし、サイズも大きめの6Wの方のOBK-06Sがほぼ同じ値段1600円前後で売っていたので、「あーこっちでいいじゃん」ということで買って参りました。

まあ、そもそもなんで買おうと思ったかかというと、あまりにもハエが多いからで、どうにかしたいと思ったからです。家の衛生状態に問題があるわけではなく周りの環境に問題があるためですが、帰省時の記事でも書いてますが、周りが漁業関係が多いので海苔の網などが使用後放置状態になってたりして、ハエなどが大量に湧いたりするわけです。10年ぶりに地元に帰ったのですが、虫を見ることが殆ど無い都会の生活をしていると、ちょっと耐えられないものが有りました。食事に寄ってくるハエを追うなんてこと久しぶりにしました。あれ不衛生な感じがして(感じじゃなくて実際そうなんだろうけど)凄くイライラします。蚊も多かったです。東京で暮らしていると窓を開けててもそうそう蚊が入ってくることもないのですが、(そのかわり放射能が入ってきますけど)田舎だとどこかしらから入ってきた蚊に毎日さされます。そりゃー日本脳炎にもなるわなと思うわけです。蚊取り線香やベープがないと生きていけない世界です。東京だと無くても問題無いです。

TS3Y0102
で、買ってきたのがこれです。思ったよりでかいです。電気ポットをちょっと長めにした位の大きさで結構存在感が有ります。

TS3Y0103
箱の横面。

TS3Y0104
箱の裏面。

TS3Y0105
箱の別の横面。

TS3Y0106
開封の儀。

TS3Y0107
電撃殺虫器上部の写真。

スペックが記載されていました。
電撃殺虫器 OBK-06S
(株)オーム電機
定格1次電圧100V
定格2次電圧DC1.9KV
定格周波数50/60Hz
定格2次短絡電流 2.85mA
屋内用 MADE IN CHINA

TS3Y0110
電気を付けてみるとこんなかんじです。

TS3Y0157
夜は、つけっぱなしでダイニングの常夜灯替わりになりました。夜中に何かがかかってものすごい音でバチバチいうことが有ります。

TS3Y0111
こんな感じで蚊や蠅や蛾がかかります。

このトレイは電撃殺虫器の底面でクルッと回すと外れます。このトレイに少しお酒を入れるとよく取れると説明書に書いてあります。実際お酒を入れてみるとコバエなどが良く取れます。

使ってみた感じ、台所などに湧くコバエなどはよく取れます。肝心の普通のハエはあんまり取れませんでした。ないよりはマシといった感じです。やっぱり夜のほうが良く掛かります。

結論を行ってしまうと、ハエを駆除したいのなら下のような、ハエ取りリボンが最高です。コストパフォーマンスに優れています。昔はよく見たこのハエとりリボンですが、あまりのハエの多さにこれを買いに行こうと行ったら、両親は「まだああゆうの売ってるのかな?」ともう何十年も見たことなさそうにいってましたが、ディスカウントショップで探したら片隅にちゃんとありました。その後100円ショップダイソーでも見かけたので今でもちゃんとあるんですね。

プロバスター ハエとりリボン 5個

家の中の茶の間や、台所や玄関や土間などに吊るしたら、かなりのハエが取れました。ハエとりリボンサイコー。っていうか、ハエ多すぎ。蚊が一匹いるだけで逃げ惑う我が家の猫ですが、彼を実家に連れて帰ったら生きていけるのかとても心配です。

結局のところ幾つかの方法を併用しながら、最善の方法を探すのがベストではないかと思います。

タグ :