[映画]ダーティハリー4

ダーティハリー4 [DVD]

Gyaoでダーティハリー4を視聴しました。ダーティハリーシリーズの4作目ですね。ダーティハリー4を見てみてわかりましたが、初めてみた作品でした。1~3は何回もテレビなどで見かけたのですが、なぜか4は見て無かったですね。現在、ダーティハリーは5作まで作られていて、現在すっかりおじいさんになってしまった。クリントイーストウッドの最新作が6だといううわさがありますが、さてどうなることでしょうね。現在77歳のようですね。長生きしてもらいたいものです。

4はクリントイーストウッドが監督のようですね。そのせいなのか、今までの作品とは随分趣向が違うようです。今回の話は、レイプされた女性の復讐劇です。その為か、話が全体に暗めなのと、犯人がどちらかというと被害者であり、殺される方がどちらかというと殺されて当たり前なので、いまいち盛り上がりにかけるというか、犯人に対して同情してしまいます。

犯人役は、クリント・イーストウッドのリアル愛人だったソンドラ・ロックで、共演ですね。この当時のクリント・イーストウッドは、ソンドラ・ロックと共演映画が多いわけですが、自分の監督作品ということもあってでしょうか愛人を共演させているって言うのは、どうなんでしょうね?公私混同しすぎな気もしますがどうなんでしょうね?当時は僕も子供でしたので、いわゆる世の中がどういう評価だったのかわからないのですが、ちょっと知りたいところですね。検索すればいくらでも出てきそうな気もしますけど。wikiを見るとダーティハリーシリーズで一番の大ヒットだったそうですが、物語そのものより、クリント・イーストウッドの愛人のソンドラ・ロックが共演で出るという事などが話題を呼んだりとかそういう面もあったのでしょうか?勝手な憶測ですけどw。当時を知ってる人のコメントとかほしいものですw。

この映画の公開時僕は中学生くらいだったと思うのですが、その頃、好きだった漫画が、「夏子の酒」で有名な尾瀬あきら先生の「初恋スキャンダル」っていう漫画だったのですが、その中で、主人公の友人の野球少年が初デートに映画を見に行って、主人公に何の映画見たのと聞かれて「ダーティハリー4」と答えていたのが、いまだに忘れられないですねw。

 

以降、ネタばれを含む。

4も見て無かったということは、5も見てなさそうですね。このまま続けてGyaoで5まで視聴できるといいですけどw。

ところで、ラストは、犯罪者をかばってしまうわけですが、法を犯してしまったハリーは本当の意味でダーティになってしまいましたw。これは、見逃すパターンと見逃さないパターンの2通りが考えられますが、ハリーが汚れてしまった(?)ようで許せないと思う感想とやっぱり、死んで当然のやつらが死んだだけなので、これは許されるべきという思いと自分の中でも悩むところです。どちらのパターンにしてもそれなりの結果になるとは思いますけど、けどやっぱり、どこかにどんな状況でも法を守るハリーを期待する部分もあるのですが、相手がソンドラ・ロックだからやっぱり公私混同で許しちゃうのかなーとか思ったりw。

この映画、1作目から10年たってますけど、さすがにクリント・イーストウッドふけたなーって感じがします。1作目のりりしさが無くなってますw。この時もう50超えてるはずだからそりゃそうだよね。1作目で既に40歳だったって事かーパワーあるなー。

この映画では、ソンドラロックがかなり落ち着いた感じの役を演じていますが、もっとはっちゃけたソンドラロックが見たい気もします。

 

◇関連:ダーティハリー4|昭和TV|無料動画 GyaO[ギャオ]|
http://www.gyao.jp/sityou/catedetail/contents_id/cnt0074523/

◇関連:ダーティハリー4 – Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%80%E3%83%BC%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%8F%E3%83%AA%E3%83%BC4

◇関連:クリント・イーストウッド – Wikipedia

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AF%E3%83%AA%E3%83%B3%E3%83%88%E3%83%BB%E3%82%A4%E3%83%BC%E3%82%B9%E3%83%88%E3%82%A6%E3%83%83%E3%83%89

◇関連:初恋スキャンダル – Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%88%9D%E6%81%8B%E3%82%B9%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E3%83%80%E3%83%AB

タグ : , , ,