メイリオフォントを入れてみた。

メイリオフォントはマイクロソフト系OSの新しいシステムフォントでWindows Vista以降のOSで利用されるようになったゴシック系のフォントです。XPでもいくつかの方法で利用出来るようになるので実際にインストールして使ってみることにしました。私は下のページからダウンロードしてインストールしました。日本語については均等幅ですがそれ以外はプロポーショナルで基本的にはプロポーショナルフォントの扱いです。

ダウンロードの詳細 : Windows XP 向け ClearType 対応日本語フォント

ダウンロードすると以下のファイルがダウンロードされるので

20110883

実行すると以下のような画面が表示されるので画面の支持に従ってインストールを行います。

20110884

実際にMS Pゴシックとメイリオでグログの文章の視認性を比べてみたのが下です。文字間の詰まった感じがなくなって視認性が高くなっています。このブログではスタイルシートで行間の幅を大きくとっていますが、その指定しないとかなり行間詰まった感じで窮屈さを感じますが、メイリオフォントを使うと行間も適度にひらいて視認性は上がるらしい様です。文字間の幅が増える関係で表示に必要な領域は多くなるようですが読みやすくなる方が利点は多いと思う。

MS Pゴシック

  20110889
メイリオ

 20110888

メイリオ – Wikipedia

特に問題がなければこれからはメイリオフォントを使っていきたいと思う。とりあえず利用している各ブラウザのゴシック体のフォントの指定はメイリオにしてみた。テキストエディタなどでも利用してみようと思う。

XPを使っている人でまだメイリオフォントを試していない人は一度試してみるといいと思う。

タグ :