引っ越し用に買ったダンボール

TS3Y0012
1月末に東京から実家のある熊本に引っ越したのですが、その時購入したダンボール達です。まず、これはパソコン本体梱包用のダンボールです。amazonで2個買いました。私が購入時は(860円×2個)+(480円×2)(送料)=2680円でした。

ダンボールのサイズは560mmx260mmx570mm=1400mm(140サイズ)です。

そして私の2台のデスクトップパソコン本体が

  • 44cmx18cmx41cm = 103cm
  • 42cmx18cmx36cm = 96cm

のサイズです。なのでこのダンボールにしました。

TS3Y0013
ダンボールをダンボールとフィルムで梱包してありました。しばらくは猫の遊び場と化していました。

TS3Y0073
梱包を解くとダンボールの中からダンボールが出てきます。

TS3Y0074
そして、梱包用のプチプチが入っています。セット内容はこれだけです。これで860円ですので、高いか安いかで言えばやっぱり高いのですが、手軽に揃えられるので便利です。手間を掛けても安く抑えたい人はスーパーなどで大きめのダンボールをもらってきて、プチプチは百円ショプで買うといいと思います。大きな箱が見つからない時は小さな箱2個でニコイチすればいいと思います。ニコイチする際には宅配便を利用することを前提にダンボールのサイズが120サイズや140サイズに収まるようにしましょう。

TS3Y0075
パソコン本体をプチプチでぐるぐる巻にしてガムテテープでとめました。

TS3Y0077
それをダンボールの中に入れます。が、見ての通り隙間が多いのでこのままだと心配です。プチプチは十分な量巻いてあるのであるので、このままでも大丈夫かもしれませんが、念の為に、新聞紙やタオルや衣類などを緩衝材として隙間に詰めるといいと思います。私は洗濯物を詰めましたw。

TS3Y0078
そして梱包完了。同じ事を2台分、2回繰り返しました。

この箱は140サイズなので、宅配便で東京から熊本まで送ると大体1個2000円です。2台送ったので4000円です。860円+2000円で1台に2860円掛かったことになります。箱にしてもヤマト運輸のパソコン宅急便の方が手軽かもしれません。パソコン宅配便BOX Bで済むのなら価格的にもほぼ同じなのでその方がお手軽かもしれません。私の場合はパソコン宅配便BOX Bだとサイズが合わなかったので、amazonで箱を買いました。まあ、言えばきっと宅配便屋さんも融通聞かせてくれるとは思いますけど。

パソコン宅急便(個人のお客様) | ヤマト運輸

パソコン本体は箱がないので、箱を買って送りましたが、2台ある液晶モニタは箱があるので、箱に入れてそのまま送りました。どちらも120サイズだったと思います。福山通運でおくりました。なぜ福山通運なのかというと単に好みです。実家が良く福山通運を使っているというのもありますが、安かったというのもあります。最近は大手と同じ金額なのでお得感がなくなりましたw。あと、大手と同じ様にインターネットで集荷依頼できるのはいいです。けど、まとめて集荷依頼できないのは面倒です。(※送り状の関係だと思いますけど)。送り状は自分で印刷するのと、印刷して持ってきてもらうのと選択できるのはいいです。もちろん持ってきてもらいましたけど(自分のプリンタがないし)。全く同じ内容で数件申し込むと、間違いだと思ったのか1件分だけ送り状持ってきたことが有りました。なので、それからは同じ内容でもわざと内容物を変えたりして工夫しました。

福山通運

引越し屋にまとめて頼むという選択肢もあったのですが、東京から熊本だと価格がべらぼうなことになるので、それは却下しました。で、自転車とか椅子は置いて来ました。宅急便で送ると新品買うのと同じくらいのお金がかかるので、よほど高価な自転車屋椅子じゃない限り、処分したり人にあげたほうが安く上がると思います。なので、荷物はダンボール箱にして12個で宅配料金21800円程かかりました。基本宅配便で安く送れないものは置いて来ました。あと、メインの荷物は弟に10年程預けっぱなしで倉庫に眠っています。それは、弟が車で帰ってくる時の持ってきてくれるそうです。(X68000とかX1とかPS1とかサターンとかドリキャスとかですw。)

TS3Y0479
一般の荷物の梱包用に買ったのがこのダンボールです。120サイズ10枚入りです。個人的な感想から言うと、どうしても120サイズじゃ入らない荷物が出てくるので、120サイズより大きいものを買ったほうがいいかもしれません。大抵のものは120サイズで事足りるので、120サイズと大きめのものを両方買うのがいいかもしれません。私は下の120サイズのものを買いました。私が買った時は送料込みで1750円でした。 取って穴が開いているので便利ですが、箱の強度はその分落ちます。

TS3Y0047
こんなふうに、荷物はダンボール詰めにされて積み上げられて猫タワーになっていました。

荷物は梱包が済んでいるものから3回くらいに分けて集荷して貰いました。その方が、少しずつ作業が進められて場所も取らないので効率的でした。でもこれは荷物の送り先が実家だから出来る方法ですけど。

荷物用のダンボールは、今回は通販で買ってみました。これまでに引っ越した時は近所のコンビニやスーパーからただでもらってきたものを使っていましたが、今回は面倒なので通販に頼りました。(もう若くないのです。)若くてエネルギーが余っている人は是非無駄にお金を使わないでコンビニやスーパーでただで貰ったダンボールを使って下さいw。スーパーでもコンビニでも「すいません。要らないダンボール箱あったら貰えますか?」と言えば、まず快く下さいます。

 

段ボール箱といえば、LOSTという海外ドラマでスキンヘッドのおじさんジョン・ロックがダンボール会社の社員だったような気がする。たしか、「ダンボールはなくなることはないのでいいぞー」的なことを行ったような気がするけど、確かにダンボールは生活必需品でなくなることはないので、ダンボール会社に就職するのがいいんじゃないかと思いました。

LOST – Wikipedia

タグ :