ASUSの無線LANルーターRT-AC1200HPが相変わらずクソな件

RT-AC1200HPをAtermWR8370Nの代わりに購入したのは2016年の5月位の事

だめだ、無線LANルーターの不具合が悪化してきた

しかし、この機種がクソ過ぎてまともに動かないので困っていたが、最近はFUJI WifiのモバイルルーターSoftbank 304ZTのリピーター(中継器)としてだましだまし使っていた。といっても、リピーターなのに無線の中継はなぜか全くしてくれなくて(接続してもそのまま固まってしばらくして切断される)何をやってもダメなのでRT-AC1200HPから有線でAtermWR8370NにつないでAtermWR8370NをAP(アクセスポイント)モードで使用して無線LANの中継を行っていた。AtermWR8370Nに中継機能があればいいのだが。

で、そんな風にクソルーターをだましだまし使っていたけれど、一昨日設定画面を久しぶりに見ると何やらビックリマークが点滅しているので見てみると最新ファームが出ているらしく、クリックしていると「今すぐ更新する」というリンクがあるので早速更新してみることに。

孔明の罠だった

特に更新後は問題を感じていなかったが、夜になってタブレットいじっているときにAPにしているAtermWR8370NにつながらずにFUJI Wifiのモバイルルーターにつながっていることに気が付いて何かおかしいとは思っていた。

結論を先に書いておくと、

更新後は2018/04/02にリリースされたファームウェア

ASUS RT-AC1200HP Firmware version 3.0.0.4.380.8228

になる。

2017/06/22リリースの

ASUS RT-AC1200HP Firmware version 3.0.0.4.380.7743

にダウングレードすると今回の問題は解決する。リピーターとして動作しないのは変わらないがwww

翌日、AtermWR8370Nがどうやってもリピーターとして機能しなくなったのでどうやらついに壊れたらしいと思い取り外した。AtermWR8370Nは1階のRT-AC1200HPから有線で2階でつないでAPとして利用している。が動かなくなってしまった。RT-AC1200HPの更新をしてから使えなくなった事になるのでRT-AC1200HP側の問題かもしれないと頭の隅にはあったが、しかし単にAPが使えないのでAtermが壊れたようにしか見えず判断する方法がなかった。

とりあえずは電波が弱いが304ZTに直接つなげば使えるのでそれで我慢した。

翌日の夜母が、RT-AC1200HPにUSBでHDDをつないでNASとして使っているHDDの動画が再生できないと言ってきた。私のPCからは再生ができた。母のタブレットをいじったがどうしてもNASに接続できない。もしやと自分のタブレットでもやってみたがやはり同様だった。母のタブレットの問題ではないようだ。

私のPCはNASであるRT-AC1200HPに有線でつながっている違いはそれだ。数時間を費やして色々やってみたがどうしても解決しない。情報も少ないルーターだがネットで検索してみるとkakaku.com質問に以下の記事があった。

質問者はリピーターとして利用したくてこのRT-AC1200HPを最近購入したらしい。その時点であちゃーと思ったが、この機種はそもそもリピーターとしては正常に機能しないと思ったほうがいい。時間の無駄なのでさっさとこの機種は返品して国内メーカーのものを購入することをお勧めする。本当に時間泥棒のゴミ。

で、やはりいろんな方が回答しているがどうにも解決しないようだ。それもそのはずリピーターとしてはまともに機能しないのだからwww

しかし、質問の最後の方に有力な情報があった。最新のファームにしたら同じ症状になったけどファームウェアをダウングレードしたら直ったというもの。ほかの方のこれまでの回答は全く意味がなかったわけだ。

リピーターモード(中継機モード)についての質問

なるほど、もしかしてうちのもこれが原因かと思い翌日

RT-AC1200HP BIOS & FIRMWARE | Wi-Fi | ASUS 日本

2017/06/22リリースのASUS RT-AC1200HP Firmware version 3.0.0.4.380.7743にダウングレードしてみた。

結果はタブレットからもNASにアクセスできるようになった。この問題は解決。

もしかしたらリピーターとしても使えるようになっているかもと淡い期待を抱いたがやはりそちらはだめだった。無線の中継器としてはやはり機能しないwww。

なので価格コムの質問者の方もあきらめたほうが良いと個人的には思う。

現在Atermは接続していないが、たぶん接続すればまたAPとして使えるようになるだろう。流行APがないと電波が弱くて不便なので後で試してみよう。動いたら追記する。

追記:

304ZTのプライバシーセパレーターがまた動いているのではないかと再設定してみたりしたが駄目だったこともあり、RT-AC1200HPにもバージョンアップやセキュリティーFixでプライバシーセパレーター的な動作すするようになってしまったのかもしれないと想像はしていた。本当のところは分からないがクソなのは間違いない。ちゃんとデバックしろ。無駄に高機能すぎてチェック項目が多そうなのでデバックをちゃんとしてないのだろう。もしくはユーザーにデバックをさせようと思っていると思われる。

追記:

AtermWR8370NのAPモード機能するようになっていた。やはり元凶はRT-AC1200HPだった。早く買い替えたい。

昨日はAtermWR8370Nをリセットして再設定してみたりかなり時間を使ったがすべてが無駄な時間だった。

追記:2018年05月19日 13時06分46秒

割と頻繁に通信が途絶える。日に数回は304ZTの再起動に行く感じ。1階の土間に設置しているので結構面倒な作業だ。

最新ファームに更新してAtermWR8370Nを間に挟まずに1日使った時はかなり安定した感じがしたが。元に戻したけっかまた不安定になった印象。

そもそも光などの有線な回線ではなく無線のモバイルルーターを使ったWifi環境なので物理的な有線回線よりも不安定なのは仕方がないが、ADSLの時よりはそれでも速度的にも安定性的にもかなりましになっている。

インターネットができなくなっても、WR8370Nの設定画面とRT-AC1200HPの設定画面は見えているし304ZTの画面が表示されない。304ZTはあまり評判の良くないモバイルルーターで実際304ZTを再起動すると改善することが多いので304ZTだと思っていたが、これまでのことを考えるとRT-AC1200HPのせいもあるのかもしれない。

少なくともWR8370N経由でRT-AC1200HPの設定画面は見えているのでWR8370Nのせいとは考えにくい。304ZTまたはRT-AC1200HPの問題だと思われるが、試しに通信ができなくなった時にタブレットで304ZTに直接接続したら普通にインターネット出来た。ということはRT-AC1200HPの問題の可能性が高いが、今のところは304ZTまたはRT-AC1200HPの問題もしくは両方に起因すると問題が交互に起きているのではないかと思われる。

そういえば中継器をMZK-EX300Nを使っていた時期もあったがその時はRT-AC1200HPの時よりも安定していたと体感している。それでも304ZTの再起動が必要になることがあったと記憶しているのでやはり304ZTまたはRT-AC1200HPそれぞれに問題があるのかもしれない。MZK-EX300Nの方が安定していていいし中継器としても機能するのでよかったのだが、LANポートが一つしかないこととNAS機能もないので泣く泣くRT-AC1200HPを使っている。MZK-EX300NからRT-AC1200HPに繋ぎHUB兼NASにしていたこともあるが色々無駄が多いw

やはり一つにまとめられるものを何か買ったほうがよさそうだ。

MZK-EX300NでNTP同期が出来ない件

 

 

改訂履歴:

2018年05月19日 正:AtermWR8370N 誤:AtermWR3870N

タグ :