【アニメ】『超時空要塞マクロス』の感想

おいらが中学生の頃リアルタイムにやっていたマクロスです。
おいらの地域では日曜日の午後1時からやってたように記憶してます。
当時はビデオなんて我が家には無かったので一期一会な気持ちで
いつも真剣にみてました。w


バルキリー(フォッカー機)のプラモの作りました。弟はデトロイトモンスターとバルキリーの一条光機をつくってました。
ちなみにオーガスのナイキックもつくった記憶がある。w
この間見直したんです。ええ、マクロスです。
で、どうだったかっていうと
スンゲー面白かったんですよこれが、ほんと面白いです。
子供の頃に見たきりだったんですが、当時はわからないことが
今はわかるんです。
且つ恋愛話にもついていけるわけです。w
話もいまみても凄く独創的です。
ただ難点は画が激しく荒いことです。
脳内には映画版の様にクオリティーの高い映像で人物関係が記録されているのですが、TV版のクオリティーはめちゃくちゃです。w
せっかくのいい場面が台無しになっているところが多々有ります。
総集編ポイ回もなんかいかあり、現場の大変さが伝わってきます。
なんで、主砲打つのに毎回トランスフォーメーションするのか
わかりました。w
逆にマクロス7とかでトランスフォーメーションする意味が不明w
おいらてきには、映画版の「天使の絵の具」を歌っているミンメイが萌えです。
画の荒いのを差し引いても文句無く名作ですので、見たことの無い人
昔見てたひとももう一度みてみたらどうでしょうか?

タグ : , ,