Virtual CD-ROM Control Panel for Windows XP

仮想CDドライブの作成ソフトといえば、DAEMON-Tools一辺倒の僕でしたが、黒翼猫氏に教えていただいた、マイクロソフトが提供している仮想CDドライブ作成ソフト「Virtual CD-ROM Control Panel for Windows XP」を使ってみる事にしました。

下に、参考にさせていただいたサイトの記事をリストしておきましたので参考にしてください。

以下、インストール方法と使い方です。

  1. 参考サイトを参考に下記URLからVirtual CD-ROM Control Panel for Windows XPをダウンロードします。

    http://download.microsoft.com/download/7/b/6/7b6abd84-7841-4978-96f5-bd58df02efa2/winxpvirtualcdcontrolpanel_21.exe

  2. ダウンロードしたファイルを実行
    XG000851
  3. セキュリティの警告画面で[実行]をクリック
    XG000852
  4. 自己解凍形式のファイルの様で、解凍先を聞かれるのでわかりやすい適当な場所に解凍する。

    [Browse] ボタンをクリックして解凍したファイルの格納先を指定する。
     XG000853

    初期の位置はわかりにくいので、簡単な場所にする事をお勧めする。

    例としては、テキストボックスに手入力で[.\vcd](\は実際には半角の¥を入力する)と入力すれば、「Virtual CD-ROM Control Panel for Windows XP」をダウンロードした場所と同じ場所にvcdというフォルダが作成され、その中に解凍したファイルが作成されるのでわかりやすいと思う。

    XG000854

  5. 解凍すると3つのファイルが作成される

    XG000855

  6. 付属のreadme.txtを見る。英語だが僕にでもわかるような簡単な英語で、やる事が箇条書きされている。
    とりあえず、付属のVCdRom.sysを「%systemroot%\system32\drivers」にコピーする様に書いてある。(特に%systemroot%\system32\driversにコピーしなくても使えたけど)
  7. VCdControlTools.exeをダブルクリックして起動する。
    [Drive Control]をクリックする。
     XG000856
  8. Virtual CD-ROM Driver Controlの画面になったら、[Install Driver]をクリック
    XG000857
  9. ファイルの選択画面になるので[「%systemroot%\system32\drivers]でVCdRom.sysを選択する。
    XG000860
  10.   指定できたら、[Start]を押せば準備完了。
    [OK]をクリックして画面を閉じる。

      XG000861

  11. [Add Drive]をクリックしてドライブを追加します。
    下の様に一覧にドライブが追加されればOKです。下ではXドライブが追加されました。
     XG000863 
  12. 次に[Mount]をクリックして、実際にISOイメージファイルを追加します。ファイルの選択画面になるので、マウントしたいISOイメージファイルを指定します。
    XG000864
  13. Spesial Mount Optionsの画面になるので通常はそのまま[OK]をクリックします。

    XG000865

  14. 下の様に指定したISOイメージファイルがリストに追加されて、リストを選択すると、[Drive Geometry]の欄に情報が表示されれば正しくマウントできているようです。
    XG000866
  15. 正しくマウントできれば、追加したドライブにアクセスすると中のファイルにアクセスする事ができます。

    XG000867

  16. 長所
    • インストーラーが無いのでシンプル
    • マイクロソフトが提供しているので安心
  17. 短所
    • CD Manipulator等で作成されたイメージファイルはマウントできない。(純粋にISOイメージと言われる種類のイメージファイルしかマウントできないようだ)つまり対応イメージファイルが少ない。
    • ネットワークドライブで、再接続が失敗したドライブがある時、[Add Drive]すると、そのドライブレターを追加しようとしておかしくなる。
    • ちょっと導入が初心者には向かない。
    • メニューがデフォルトでは英語

 

イメージファイルをISOイメージだけで使っている人にはなかなかお勧め、インストーラーが無いところがいい。うちではCD Manipulatorで作成したイメージが多数を占めているのでちょっとつらいところですね。ドライバは一度インストールしてしまえば次回からはPC再起動してもインストールされている状態になっているようなので毎回インストールとスタートを行わなければならないわけではないようです。今から仮想CDを使おうと思っている方で、中級者以上の方にはお勧めできると思います。その際にはリッピング時にISO形式でイメージできるソフトを選択する必要があるので注意してください。

◇関連:黒翼猫のコンピュータ日記 2nd Edition:Virtual, CD-ROM を含む記事 – Windows 2000 Blog
http://blog.livedoor.jp/blackwingcat/search?q=Virtual+CD-ROM

◇関連:Microsoft純正仮想CD-ROMドライブ・ツール:Virtual CD-ROM Control Panel for Windows XP – Blog -マイクロソフトに一喜一憂する日常-
http://www.wise-hawk.com/blog/2006/05/microsoftcdromvirtual_cdrom_co.html

◇関連:@IT:Windows TIPS — Tips:仮想CD-ROMイメージをマウントする(vcdrom.sys編)
http://www.atmarkit.co.jp/fwin2k/win2ktips/536vcdrom/vcdrom.html

 

(Visited 46 times, 1 visits today)

タグ :