エアコンの汎用リモコン買ってみたけどかなり失敗w

エアコンの汎用リモコン買ってみたけどちょっと失敗の記事で書いたようにエアコンつけようと思ってたらエアコンのんリモコンが壊れてたので汎用リモコンを買ったお話をしましたが、その記事中で書いた楽天で買ったリモコンが届いたのでレビューをばしておきます。

さて届いたのは下のリモコンです。楽天で注文したのが2009-07-13 23時位で2009-07-16日中にメール便で届きました。

エアコン汎用リモコン OAR-10Rという製品です。

CA350966 

このブログを書いている部屋にあるエアコンはコロナ製でRV-ES25Eという型番、付属のリモコンの裏にはCSH-ES RV-ESという型番がかいてあります。

で、早速設定、とりあえずマニュアルをなくしたときの対策として設定方法なども書いておく。

CA350968

これが、リモコン本体の外観、よくある女性用たばこの箱くらいの大きさと厚さです。

エアコン汎用リモコン 対応コード一覧表 

まず、電池は別売で、単4電池が2本必要、前回別の汎用リモコンを購入時に買ってあるのでそれを利用。

設定方法は

  1. [運転|停止]ボタンを押す。(運転状態停止状態どちらの状態になってもいいみたい。)
  2. [風量]ボタンと[モード]ボタンを同時押し。すると、液晶がコードの選択モードになるので、[温][冷]ボタンでコードを選択する。
  3. 選択したら[おやすみ]ボタンを押して、最後に[風向]ボタンを押すと設定完了。

 

とりあえず、コロナの場合、22・30・83・85・86・129の6種類あるので22から試していく、コードが合わないと温度の変更はできても電源のONができないとか色々問題が出る。

コード83で一通りの機能が利用できるようになった。85以降は面倒なので試していないw。これ種類が多いメーカーだと合うコード探すの大変だね。もうちょっと年代別にわけて表示するとかできれば機種ごとにしてくれると親切でいいと思う。が、それは大変だろうね。

汎用リモコンでは独自機能はサポートしてないので、うちのエアコンについている[パワーセーブ]や[省エネ自動]機能は設定できないけど、これ設定すると冷えなくなるのでまず使うことがない機能なので問題ないだろう。専用の機能を使う人はやっぱり純正品をメーカーで買うか、オークション等で安く手に入れた方がいいでしょうね。

CA350969

純正リモコンと汎用リモコンのツーショットw。

ほぼ同じ大きさです。

で、まあ、リモコンは完璧で全く問題なかったです。リモコン壊れたお困りの方お勧めです。

 

で、何が失敗なの?というお話なのですが、

OAR-10Rを注文した後、純正リモコンをなんとか修理できないものかと分解しようとしました。裏にねじが一本あるのですが、これをはずしてみたんですが、なぜか分解できないんですね。なにかコツがあるんだと思うのですが色々やってみましたがちょっとわかりませんでした。もうちょっと良く調べればよかったのですが必要がなくなったので途中で分解をやめたんです。なんで必要がなくなったかというと。リモコン直っちゃいましたwww。

電池が液漏れして端子が錆びてたのはわかってたのですが、この錆が原因で接触不良で動かないんじゃないかと思って、故障発覚時にもこの錆を削ったり磨いたりしたのですが、だめだったのであきらめて汎用リモコンを購入という経緯なのですが、分解しようとしているときにもついでにさらに錆をそぎ落として綿棒とかで磨いて試しに電池入れてみたら。「アレッうごいたwww」的な展開なわけです。

おーい、汎用リモコン二つも買っちゃったよwwwww。どうすんだよこれーーー。

(*‘ω‘ *) ・・・・。

まあ、そのうち日の目を見る時も来るでしょう。

それまで、机の引き出しの奥でゆっくり眠っていてくださいorz。

 

※購入や製品の詳しい情報は下記で確認して下さい。

エアコン汎用リモコン OAR-10R
amazonはこっち

  
楽天はこっち

タグ :