Google日本語入力開発版GoogleJapaneseInput-0.13.499.100が調子悪いのでちょっとベータ版に避難中

Google Japan Blog: Google 日本語入力の開発版をアップデートしました。(0.13.499.10x)

通常Google日本語入力の開発版を使っていますが、バージョンが0.13.499.100になってからブログを書いているときに変換中の文字がカーソル位置と全然関係ない場所に表示されたりして、かなり効率が悪くなるので一時的にベータ版に避難。一応開発版のアンインストール時にフィードバックのアンケートに現象は書きましたが、後でブログ見たら既に既知の問題のようで次のバージョンでは改善されると書いてあるので意味がなかったかもw。

今度のバージョンアップ知る意味でもGoogle Jpapan BlogをRSSリーダに登録した。またバージョンアップしたら開発版を入れてみようかと思う。

最近ちょっとIMEに戻りたい気もしている。IMEの変換能力次第だけど、Google日本語入力はリソース食いなのとプチフリすることがあってイラッとすることがあるので、そのへんが改善されるといいね。IMEはバカだけどプチフリでイライラした覚えはないしGoogle日本語入力は使っているうちにもっさりしてくるイメージがあるし、変な言葉は変換できるのに変換できて当たり前の言葉ができなくてイラッとするときがあるので困る。あと、時々勝手に変換されなくなって普通にアルファベットが表示されてしまう時がある。ひらがなキーを何度かおしていると直るけど、開発版だからかな?とりあえずベータ版にしてみて同じ点で不満が出るようならもう一度IMEを使ってみて再評価してみたいと思う。でも、やっぱりGoogle日本語入力の自然に入力できる変換効率はすてがたいんだけどね。

今この記事は、Windows Live Writerをつかって、

GoogleJapaneseInput-0.12.434.0

で書いています。インストールしたてのGoogle日本語入力は軽くていいね。

知ってる人も多いと思いますが、Google日本語入力で『バージョン』とかいて変換すると今使っているGoogle日本語入力のバージョンが変換候補リストに表示されます。

開発版使うんだったらちゃんとフィードバックもしないとなーと反省しておこう。ベータ版もそうだけど。

(Visited 1 times, 1 visits today)

タグ :