Windows XP でレジストリを手動でバックアップおよび復元する方法

Windows XPにて手動でレジストリをバックアップおよび復元を行う方法の解説。平たく言えば復元ポイントの作成。


レジストリのバックアップ方法

  1. [スタートボタン]を押して[ファイル名を指定して実行]をクリック。
    20100412
    20100411
  2. 名前の欄に[%SystemRoot%\system32\restore\rstrui.exe]と入力して[OK]をクリック。
    20100410
  3. [システム復元の開始]の画面で、[復元ポイントの作成]を選択して[次へ]をクリック。20100413
  4. [復元ポイントの作成]の画面で[復元ポイントの説明]に適当な説明文を入力する。ここでは例として「レジストリ今から弄るよ」と入力した。入力したら、[作成]をクリック。20100414
  5. 下の画像の様になれば復元ポイントの作成完了です。ここで[ホーム]をクリックすると3.の画面に戻ります。[閉じる]をクリックすると画面を閉じます。20100415
 

レジストリの復元方法

ああ
  1. レジストリのバックアップ方法の1.~2.までを行って[システム復元の開始]の画面を表示する。
  2. [システム復元の開始]の画面で[コンピュータを以前の状態に復元する]を選択して[次へ]をクリックする。
    20100416
  3. [復元ポイントの選択]の画面で復元したいポイントを選択します。ここでは「レジストリのバックアップ方法」で作成した「レジストリ今から弄るよ」という復元ポイントを選択します。選択したら[次へ]をクリックする。20100417
  4. 下の様なダイアログが表示される場合は[OK]をクリック。20100418
  5. [復元ポイントの選択の確認]画面で選択した復元ポイントに間違いがないかなどを確認する。よければ[次へ]をクリックする。Windowsは再起動される。
    20100420
  6. Windows再起動後復元が成功すれば下記の画像の様に[復元は完了しました]の画面が表示される。[OK]をクリックすれば先に進む。
    recovery 小これで復元は完了。
参考ページ
Windows XP でレジストリをバックアップおよび復元する方法
(Visited 1 times, 1 visits today)

タグ : ,