[映画]コンタクト

コンタクト 特別版 [DVD]GyaOで「コンタクト」を視聴しました。SFですが、2時間半とかなり長めの映画です。なかなか、見ごたえがありました。主演のエリー役はジョディ・フォスターです。

ストーリーは、電波を観測して地球外の知的生命体からのコンタクトが無いかを調べる研究者のお話です。いわゆるSETIですね。SETI@home等に参加したことがある人ならなかなか興味深い映画ではないかと思います。

感想としては、面白かったですね。面白い上になける。なんかなける映画です。ジョディ・フォスターの演技のうまさが心をうつのでしょうか?

以降ネタばれを含む

この手の映画は、宇宙人とのコンタクトに成功したとき、しょぼい宇宙人が出てきたりして、がっかりってパターンも割りとあるのですが、この映画はうまくそこのところをごまかしています。しかも泣ける。がっかりさせないようにうまく作られています。純粋にすごい科学力を見たいという点ではがっかりではありますが。

SFとしては、オーソドックスともいえる、コンタクトものですが、演技力に随分助けられている気もする。ラブロマンスや感動させるという点でSF的に足りないものを補っている感じ、そういう点では純粋にSFを楽しみたい人には物足りない部分もあると思うが、普通の人が見るのにはちょうどいいかも知れない。

最終的には宇宙人から送られて来た設計図を元に宇宙人に会いに行く機械を建造し会いに行くわけですが、神を信じないという宗教がらみの問題で、エリーはコンタクト要員からはずされてしまいます。しかし、これまた宗教がらみの妨害で、せっかく開発したポッドを破壊されてしまい。搭乗員として選ばれていた悪役も死んでしまいます。しかしながら、北海道(笑)にもう一基予備に作られていたポッドがあり、結局エリーが乗る事になります。

無宗教(?)な人が多い日本にはあまり関係ない(?)事だと思いますが、科学は信仰の冒涜に当たるという考えがあったり、科学の進歩を妨害したりするあたりはやはり、宗教を重んじる国々では避けて通れない話しなのだろうなというのを感じさせられます。実際そういうことがあったりするのかもしれませんね。

その割には、日本は無宗教の割りに、倫理がどうのこうのと逆に臓器移植などの点で海外に遅れを取っていたり、宗教が無いせいなのか(?)先進国の中ではHIV感染者が増加していたりとわけのわからない国ですが、映画とは関係ない話なのでこの辺にしておきます。神様については最近は世界各国でも色々な考え方があるようですけど。

評価:★★★★☆(映画としては星5だと思います。SFとしてはこれからすぐに凄い事が起こるような希望を持たせてもらいたいw。最後の最後のサプライズはちょっといい感じ)

 

◇関連:コンタクト|映画&ドラマ SF・アクション|無料動画 GyaO[ギャオ]|
http://www.gyao.jp/sityou/catedetail/contents_id/cnt0068718/

◇関連:SETI@home: Search for Extraterrestrial Intelligence at Home(in Japanese)
http://www.planetary.or.jp/setiathome/home_japanese.html

 

タグ : , ,