[フリーソフト]Paint.NETはブログに載せる画像の加工に便利

僕はブログによく画像を使った説明を載せる方ですが、例えば、その場所を強調したい場合、下の画像の様にその場所を赤い枠で囲ったりします。

XG001054b

で、今までは、Fireworks 4を利用していました。ですが、このFireworksなんですが、画像毎に設定を行わなければならないため、画像を読み込むたびに、枠線を書くモードにして、線の色を指定して、塗りを行わないように設定して、ペンの幅を設定という段階を踏まねばならず、画像数が多い場合は結構な作業になるわけです。めんどくさいなーといつも思っていたのですが、先日、「他のペイントソフトやレタッチソフトなら簡単にできるんじゃね?」と思い、いざ窓の杜へ。

そこで発見したのが下のPaint.NETというレタッチソフトです。

窓の杜 – Paint.NET
このソフト、初めて知ったのは、黒翼猫さんのところの下記の記事ですが、その時はWindows2000にうまくインストールすることができなかったのでそのことだけはよく覚えていましたw。

黒翼猫のコンピュータ日記 2nd Edition:Windows 2000のAPIをアップグレードしてXPに近づける3 – Windows 2000 Blog

で、窓の杜の記事を見るとよさそうなので使ってみることにしました。で、つかってみると、「何これ簡単すぎwワロタwww」状態。今までの苦労は一体何だったのか?つ´Д`)つ

マジ簡単です。画像を読み込んで、後は下の画像の様に

1.で枠の種類を選んで
2.でブラシの幅を選んで
3.で枠線の色を選んで
4.あとは枠線を引くだけ

XG001303b 
後は画像を何枚読み込んでも、設定いらずで、枠線を引くだけでオッケーなのです。手放せないソフトになりました。

※今まで何無駄に苦労してたんだろw。orz

タグ :