コレガの無線LANルータ『CG-WLBARGNH』にGALAXY Tabがつながらない件

下記の二つの記事に関係するのですが、弟が最近買ったGALAXY Tabが家で無線LANになかなかつながらないらしく毎回無線LANルーターを再起動しないとGALAXY Tabとwifiがつながらないというので調べてみました。どうせルーターのファームウェアが古いか何かだろうと思って弟にルーターの型番を聞こうかと思ったのですが前に記事にした覚えがあったので自分のブログを検索で出てきたのが下の記事です。この記事の時にファームウェアをVer.1.20にアップデートしたと記録されています。今回調べてみると最新のファームウェアは2009年3月5日とだいぶ前にVer.1.3がリリースされていました。CG-WLBARGNHを買った記事も2年以上もまえで思ったより昔で時のたつ速さに驚きです。

更新内容は以下のとおりです。
直接関係ありそうな更新はないようですが、一部製品との接続性の向上や動作の安定化が行われているのでもしかしたらこれで現象が改善するのではないかと思いました。

・最新ファームウェアの確認機能が正常に働かない現象を修正しました。
・PPPoE設定の接続ユーザIDと接続パスワード 入力に記号が使用できるように修正しました。
・アクセス制限が10件以上登録できてしまう問題を修正しました。
・Intel Wireless clientとの接続性を向上しました。
・一部のインターネット回線にて通信が可能でもリダイレクト機能が働いてしまう現象を修正しました。
・一部のCATV(DHCP環境下)で動作不安定な事象を修正しました。

引用元:「CG-WLBARGNH」ダウンロード | コレガ

早速、最新ファームウェアのダウンロードページをメールで送って、どうせ必要だろうと思ってCG-WLBARGNHのマニュアルPDFもダウンロードしてファームウェア更新のページを表示して待機、マニュアルを見ながら電話でサポートしてファームウェアを最新版にアップデートしました。

結果的には、ルーターの電源を入れなおさなくても接続できるようになったようです。ただ、GALAXY Tabがどういう仕様なのかよく知らないのでなんとも言えませんが、ルーターのエリアに入っても自動的にWifiにならなくてGALAXY TabのWifiボタンを押せばつながるという状態の様です。外ではWIRELESS GATEとか使っているのでそっちはエリアに入れば自動で切り替わるようなことをいっていたような気がするのでやっぱりまだなにか問題があるのかも知れません。とりあえずはルーターの電源を入れなおさなくて良くなった分楽になったようです。同じように接続が不安定で困っている人はルーターのファームウェアが最新か確認しているとよろしいのではないかと思います。


関連リンク

タグ :