【園芸】実家の畑の写真2012年05月30日

TS3Y0359

実家の畑の2012年05月30日の記録です。写真は上の畑の小梅。

TS3Y0360
上の畑。スナップエンドウなどは収穫が終わって殺風景になりました。ソラマメも左側はほぼ採り終えて、収穫に結びつかなかった右側が残っています。写真の1番右側は現在育成中のいんげん豆です。

TS3Y0361
いんげん豆です。見るたびに成長しています。

TS3Y0362
ソラマメは見ての通り病気と虫にだいぶやられてしまいました。

TS3Y0364
インゲンの後ろにある小梅の樹。

TS3Y0365
今年はあんまり生らなかったとのこと。

TS3Y0367
小梅の実をアップ。

TS3Y0368
収穫中。

TS3Y0372
美味しそう。まあ、このまま食べてもおいしいものでも無いんですけど、子供の頃はちぎって食べてました。

TS3Y0376
小梅の樹一本からこれだけとれました。去年はこんなものではなかったそうです。梅干しになります。梅酒は最近は作ってないそうです。

TS3Y0377
収穫した小梅のアップ。

TS3Y0378
こっちはミカンの木、小さな実がついてます。種類は何かわかりませんw。はっさくかな?

TS3Y0379
これは柿の木だったかな。

TS3Y0380
こっちはブルーベリー。植えてあるだけで手入れはしてないようです。ブルーベリーは水気を好む植物の様で沢山水をあげないと、うまく実がつかないらしいです。うちのは実がなったらラッキーぐらいの気持ちで放置プレイのようです。

TS3Y0381
ブルーベリーの木

TS3Y0382
ブルーベリーの実のアップ。

TS3Y0383
少しの間にものすごい勢いで空き地にカンネカズラ(葛)が生い茂ってしまっています。ちょっと前まで山菜を採ったりする場所だったのに時期が過ぎると、カンネカズラが生い茂って人も入れなくなりました。

ユパ様「いこう。ここもじきに腐海に沈む…」

という、セリフが頭をよぎりました。

上の畑と下の畑の間に位置します。

これで葛根湯つくれないのでしょうか?
クズ – Wikipedia

TS3Y0384
下の畑は、じゃがいもと里芋が育成中。

TS3Y0387
空きになってる場所は、この間まで、グリンピースが植えられていたところです。

TS3Y0388
かぼちゃの世話をしているところです。カンネカズラの腐海と下の畑の間にある通路的なところに5株程かぼちゃを植えています。母曰く、「カンネカズラが勝つかかぼちゃが勝つかたい」という事らしいです。シートみたいなのは、カンネカズラがこれ以上こっちに来ないようにそのへんに落ちているシートを被せて石を乗せています。
TS3Y0389
畑から見える山は、その日はこんな感じでした。

TS3Y0391m
農道のカーブにあるみかん畑。

TS3Y0395
湯船を利用した貯水槽

TS3Y0394
おたまじゃくしがいっぱいいました。が、ちゃんと蛙になってここから出ることができるのでしょうか?、溺れて死んだと思われるマイマイカブリをツンツンしてました。

TS3Y0397
このあたりで「はなんしん」(はなのしんの熊本弁訛りだとおもわれる)。一般的には榊(サカキ)というみたいです。このあたりでは、山から採ってくるのが普通です。うちは、自分のところの畑の隅に生えているものを採ってきます。なんで、はなんしんと言うのかは両親に聞いてみましたが不明です。

サカキ – Wikipedia

タグ : , , ,