TermViewerに利用制限がかかったのでAnyDeskに乗り換えた

個人利用は無料のはずのTermViewerになぜか利用制限がかかってしまい感じが悪いのでAnyDeskに乗り換えたらこっちのほうが軽くて使い勝手もよかったw

昨日からTermViewerを起動すると上記のポップアップが表示されるようになった。

無視して利用すると数十秒後に切断されていつものうざいダイアログが表示される。無料ならしょうがないと思えていたこのダイアログも使えないのに出てくると悪意しか感じないw

続いてこのダイアログが表示。再接続しようとしてかそのあとか順序を忘れたが。

再接続しようとするとブロックされる。

家庭内でメインPCからノートPCを家庭内LANで操作するだけの為に個人利用しているTermViewerがなぜ急に制限を受けてしまったのかはわからない。

ただ、ここ数日インターネット回線の変更でルーターや中継器の設定を変更したりルーターもRT-1200HPからWG1800HP2に交換したり、その関係でmineoのSIMをつかってテザリングでネットにつながったり、意図せずFUJI-Wifiのwifi経由でメインPCとつながってる時間があったりしたため、自動判定されているとすると、その目まぐるしいネット環境の変化とIPアドレスの変化や位置判定での距離の変化等、wifiのIPは東京などになったりすることも珍しくないのでここら辺が関係しているのではないかと思う。

しかしながら、そんなことはこちらには何にも関係ないことでいきなり使えなくなってライセンス違反のごときアクセス制限をいきなりかけられて感じが悪いので他に乗り換えることにした。

元々昔はVNC Viewerなどを使っていたのでそれでもいいのだが、VNC Viewerは過去には専用のドライバーを入れたりとかいろいろめんどくさかった。現状どうなってるかわからないがなるべく手間がないものが良い。

Term Viewerは特にこれを使いたかったわけではないが、検索すると最初に出てくる感じなので何となく使っていた。使い勝手も悪くなく比較的軽くて高機能。

(一応注意喚起しておくと、この手のソフトは検索してそこからサイトを訪れてそのままインストールするのは危険。いったん窓の杜やベクターなどにあるか探してそこからリンクを辿るほうが偽サイトに誘導される危険は減るので安全)

インストールしないで使えて手間も少ないポータブル版を利用していた。

短所としては終了時にやたらダイアログでいいねを催促したりしてくるのでうざいのと、うちの環境ではしばらくしてから無人接続で再接続しようとすると失敗することがある。これは面倒。

別にTerm Viewerみたいにインターネット介さないでセキュリティー的にもLAN内だけでしか利用できないものが欲しかったがいくつか試した感じではうまく動くものがなかった。そういう意味ではVNCが色々細かく設定できたような気がする。

そんなこんなでとりあえず、AnyDeskを試してみたら、よかった。性能的にはTermViewerとそん色ない。むしろ軽く感じるし再接続も早い。TermViwerのようにポータブル版と分かれていないいようでインストールしなくても使える。無人アクセスも設定が簡単で分かりやすく一度設定してしまえばTermViewerのようにパスワード入力しなくて済む。TermViewerも同じようにできたと思うがその手順が面倒で分かりずらかった印象があり、また毎回パスワードを入力したほうが安全だとも思っていたため最近は利用してなかった。AnyDeskは直感的に設定できたので今回は試しに設定してみた。あとは接続をLAN内に制限できる機能があるとよいのだが、アクセス制限の機能は少なく分かりづらい。

それでもまあ、個人で使う分には十分すぎる機能なのでこれで行こうと思う。

追記:2018年06月04日 23時06分

しばらく使ってみたが、Termviwerのように再接続できなくなる現象は起きなくて精神衛生上とても良い、タスクトレイの変なウインドウや終了時の宣伝ポップアップも出ないので非力なPCのリモート操作でもとても使い勝手が良い。

タグ :