猫のスプレーがブラックライトで光るというので買ってみた。

P1020318
猫の尿スプレーは、通常の尿よりかなり臭く鼻にツーンと来ます。困ったものです。引越し先の新しい家にも慣れてきて、最近またスプレーをするようになってしまいました。そういうわけで現在、私が一緒にいる時以外は、一階の座敷や茶の間への出入りは禁止にしています。玄関横から座敷へ抜けられるガラス戸は、普通に開けてしまうのでつっかえ棒をしています。

P1010382
4月に入って、2階の部屋から出て階下にも恐る恐る行けるようになった頃、どこに行ったのか探してみると、この家に初めて来た時に震えながら下に潜り込んでいた椅子の上にいました。 自分のにおいがついていて落ち着くのかもしれません。最初に数日過ごした部屋ですし。

P1020004
4月のある晩、レオがいないので探してみると、一階の座敷のソファーベッドの上で寝ていました。この家に来て直ぐの頃、ここで数日は私と寝ていたので、落ち着くのでしょうか?

P1020007
夜は1階には人気がないので、暗くて静かで好きなのかもしれません。

で、 スプレーしなければいいんですけど、このソファーの横もなんだか匂いました。

あと、階段の途中が匂いました。

あと、風呂場の脱衣場。

茶の間の掃出窓のカーテン。

茶の間の母の座椅子にはスプレーではなくて完全にトイレにする規模の尿をしました。

そういうわけで現在は、出入り禁止になっています。

で、拭きとってファブリースなどして匂いを取りたいのですが、尿スプレーはどこにされたのかわからないのが厄介です。一体どこにされているのかわからないけど、刺激臭がするのが悩ましいんですよね。

で、良く刑事ドラマであるような、血痕にかけると色が変わるルミノール反応と同じようなことを、猫の尿でもできる様なグッズは無いものかと考えたのでした。

検索してみると、ブラックライトで照らすと猫のスプレーした場所が光るそうで、これはいい事を知ったと思い、早速アマゾンでブラックライトを買って見ることにしました。ブラックライト、紫外線ライト、UVライト等と呼ばれているようです。

携帯に便利なUVブラックライト 4w 実用的な明るいLEDランプ付! 懐中電灯
携帯に便利なUVブラックライト 4w 実用的な明るいLEDランプ付! 懐中電灯

で、最初に買ったのが上のやつです。2013年4月26日にamazonにて980円で買いました。「携帯に便利なUVブラックライト 4w 実用的な明るいLEDランプ付! 懐中電灯 」という名前で売られています。蛍光灯方式のやつですね。

P1020351
こんな箱で届きました。 DL-01という型番なのでしょうか?

P1020352
裏面も同じです。

P1020353
箱の横にはOperationとあり、使い方が書かれているようです。

P1020354
箱の蓋。HANDHELD BLACKLIGHTとあります。ハンドヘルドブラックライトですね。

P1020355
蓋の反対側には色が有ります。これをブラックライトで照らして反射を確認するのでしょうか?

P1020356
箱の横の反対側。必要な電源が書いてあります。単三電池4本で動作します。

P1020357
箱から出してみるとブラックライトはプチプチに包まれていました。

P1020359
大きさ的には100円球と比較してこんな感じです。

P1020360
裏面はこうなってます。

P1020361
ブラックライト蛍光灯の部分です。

P1020362
反対側は何もありません。ストラップが出ています。

P1020363
縦にはLEDライトが有ります。LED懐中電灯としても使えます。

P1020365
反対側は電池の挿入口です。

P1020564
ブラックライトをつけるとこんな感じです。

で、使用してみた感じをレビューすると

クレジットカードやお札にブラックライトを当てると、色が変わったり普段は見えないものが見えたりしたので面白いのと、そういうことへの利用には普通に使えました。

問題は、猫のスプレーが見えるかという点ですが、これはダメでした。全くダメというわけでもないですが、かなり近づけて、しかも濃いスプレーじゃないと発見出来ませんでした。と言うかそこに有ることがわかってないと発見できないレベルです。これだとちょっと実用的ではないです。

まあ、懐中電灯として使えるし、おもしろグッズとして余生を送っていただくことにします。

で、私は考えました。これは、私が買ったブラックライトがダメダメだったのか?

それとも、ブラックライトはこの程度の物なのだろうかということです。

記事を探しても写真が載っている記事がないので、実際ブラックライトでスプレーを照らすとどのような色になるのかわからなかったのですが、youtubeで動画を探してみたら有りました。

それが、上の動画です。蛍光灯型のブラックライトとLEDブラックライトで、猫の尿発見の性能比較を行なっています。蛍光灯ブラックライトは全くダメですが、LEDブラックライトはしっかりと猫の尿が黄色く光って見えます。その差は歴然です。

How to Find Cat Urine Smells with a Black Light: Video & Text Guide

その動画を紹介していたのが上のサイトなのですが、しっかり画像で文字が読めなくても私が買ったタイプのブラックライトは×でLEDブラックライトは◯としてあります。

最初にこのサイトと動画を見ていればー、と思ったのは言うまでもないです。

早速amazonへLEDブラックライトを探す度に出かけました。

LEDブラックライト 紫外線 UV 9LED ブラック 黒
LEDブラックライト 紫外線 UV 9LED ブラック 黒

上が私が買ったUV 9LEDのLEDブラックライトです。2013年04月30日にamazonで注文しました。980円でした。千円未満だったので、大丈夫かなーと思いました。レビューも全くなかったです。ブラックライトを色々見ていると分かりますが、日亜化学工業の紫外線LEDを使っているものが品質がよく評価が高いようです。なので、日亜化学工業のLEDを使っていることを謳っている製品にするかこれにするか迷いました。

日亜化学工業株式会社

日亜化学紫外線LED使用 LED ブラックライト UV-LED375-nano
日亜化学紫外線LED使用 LED ブラックライト UV-LED375-nano

最初に買おうと思ったのはこれです。安いのと日亜化学工業の紫外線LEDを利用しているからです。また、amazonでのレビューの評価もいいです。

ただ、電池がボタン電池2個利用なのが、ランニングコスト的どうかなと思い、出来ればエネループ運用したいので、単三電池が使えるものがいいと思いました。

それと、説明に、「強力な紫外線を照射するので光源を直視しないでください」と書いてあるので少し怖くて、そこまでの物を買わなくてもいいかなと思ったのでした。それが間違いで最初の蛍光灯タイプのブラックライトを買ってしまったわけです。

よく考えてみると、そうしょっちゅう使うものでもないのでボタン電池でも良かったかなと思いますし、最初からこっちを買えばよかったのです。

でも結局単三電池が使えそうなUV 9LEDのブラックライトを買いました。少し誤解していて単三電池かと思ったら、単四電池3本使用でした。使おうとした時に初めて気がついて渋 りました。

P1020534
で、このブラックライトの箱はこのようなボロっちい箱でした。

P1020535
箱から取り出したブラックライトです。左上に用意しておいた単三電池が有ります。しかし、単三電池じゃないことをこの後気が付きます。

P1020536
紫外線LEDが9個付いてます。

P1020539
電池を入れるために電池の挿入口を探すと、ブラックライトの後ろの方がひねると外れました。 ちょっと嫌な予感がしたのは、スイッチらしきものがどこにも見当たらないことです。

P1020555
中を取り出すと電池ケースらしきものが出てきます。ここに電池を3本入れられるようですが、どう見ても単三じゃなかったです。商品のページを確認してみるとしっかり「単四電池3個使用」と書いてありました。

P1020556
他に持っているLEDライトから単四電池を抜いてきて装着しました。これをブラックライト内に格納します。

P1020559
電池を入れるとブラックライトが点灯しました。

「あれれーこのライトスイッチ無いの!? 」と1日位気が付きませんでした。消す時は電池を抜くか、絶縁物をはさんでいました。

実は、後ろの蓋がプッシュスイッチになっていて、押すとライトをON/OFFできます。

スイッチ無いライトを売りつけられたと思って、ちょっとブルーでしたが、他のライトの説明を視たり検索していて後ろの蓋がプッシュスイッチなんだと気が付きました。お馬鹿でしたw。

もう少しでamazonで☆1レビューするとこでしたw。

で、どうなのかというと、夜中にこのブラックライトを持って階段を調べてみると、猫がスプレーした場所の色が、しっかりと変化してすぐに分かりました。同じ場所をもう一つの蛍光灯タイプのブラックライトで照らしてもよくわからないことも確認しました。動画も撮影していたのですが、肉眼ではハッキリと違いがわかるのに動画だと違いがわからず微妙な映像になってしまったのでボツにしました。

猫のスプレーの跡をしっかりと拭き掃除したら、きれいに匂いもなくなりました。バッチリです。

日亜化学工業の紫外線LEDを利用しているブラックライトと比較してみたいところですが、とりあえず私が買ったものでも実用的に使えることが分かりました。

と言うことは割と強力な紫外線が出ているのだろうと思いいますので、取り扱いには注意をしたいと思います。

UV LED 9灯 ライト ブラックライト 黒 ストラップ付 蓄光
UV LED 9灯 ライト ブラックライト 黒 ストラップ付 蓄光

私が買ったものが売れ切れなので、今amazonで検索してみたら、私が買ったのより安い880円でほぼ同じ物が有りましたショックw。


追記:2013.05.14


私が買ったブラックライトでも、同じような動画が撮れたので貼っておきます。
カメラで撮影すると、肉眼で見ている時より光の具合でわかりにくかったりしますが、それでもちゃんと分かる程度映っています。

もっと高価で更に紫外線の照射が強いライトであれば、更にハッキリと光るのかもしれませんが、かなり目に悪そうなのでこれくらいでちょうどいいんじゃないかと思っています。

追記:2021年03月23日 12時26分

先日レオが動物病院の帰りに車の中でおしっこをしてしまったようです。コロナ禍の中にあってマスクをしていたので数日気が付かずに車を使おうとしたときに気が付いてショックでした。ちょっと気分が悪くなる臭さで、しょうがないので窓を全開にして乗ってました。

しかし匂いが消えないのでどうにかしようと車の中でにおいを嗅ぎまわったり、窓を開けっぱなしで車庫に止めたり、車内にファブリースをしまくりました。それで若干ましになりましたがまだ駄目でした。

翌週になって

ライオン シュシュット! オシッコ・ウンチ専用 消臭&除菌 猫用をやリセッシュを買ってきたりして準備をしました。

しかし、においの場所を特定してふき取り掃除などをした上でスプレーをしないと効果は限定的です。やみくもにスプレーしてももったいないですし、元から立たないとだめです。

そういう訳でブラックライトを使用して夜中に特定を試みましたが残念ながらわかりませんでした。どうしても特定できないときは自分の鼻で嗅ぎまわった方がましです。後部座席だと思ったのですがどうやら助手席足元のような感じがします。

そして私は最終兵器を使用しました。

それは、ネコですww

うちには保護猫達が三匹の猫がいるので、今回は一番好奇心旺盛で若くてやんちゃなマリナに協力してもらいました。最終兵器「臭い探知猫マリナ」です。

車の後部座席にマリナを放しました。しばらくうろうろしていましたが前の座席に移り助手席の足元でクンクンし始めました。

やはりここがにおいの元の様です。実際に改めて自分でもにおいを嗅いでみるとかなり強く匂いました。特定できました。

そこに在るマット2枚を車の中から出しておきました。

その後マリナが逃走して車の下に逃げ込み飽きて近くまでやってきてやっと捕まえるのに1時間もかかってしまったのは内緒です。

翌日マットを洗って干して、該当箇所は雑巾がけをして、車の中に消臭スプレーをしまくりました。該当箇所は念入りに。

その甲斐あってほぼ臭いはしなくなってやっと普通に車に乗れそうです。

翌日干しておいたマットの匂いを嗅ぐと、絨毯ポイマットの隅がまだ臭かったです。どうやらここにされたようですね。その上に敷いていたビニールのつるつるのマットは平気でした。下まで流れて言った感じなのかな?

絨毯ポイマットは今度は洗剤で洗ってまた干して翌日においを嗅いでみるとまだ結構匂いました。猫のおしっこの匂いおそるべし。

消臭スプレーを入念にしました。これでたぶん平気でしょう。どうなったか今ちょっと臭いを嗅いできます。

スプレーしたのにやっぱりまだ少しに匂いました。さらに洗剤で洗ってまたスプレーすることにします。

それだけ猫のおしっこの匂いはしつこいという事ですね。

(Visited 2,954 times, 3 visits today)

タグ :