Windows2000でGyaoやYahoo!動画が見れない – 問題回避編

現在Windows2000でネットでの動画の視聴が出来ない状態です。で色々やってダメだったわけです。
2月13日のMSの定例アップデートでも修正こなかったわけです。
しょうがないので更に情報を集めてとりあえず、GyaoとYahoo!動画が見る事ができる様にする事が出来ました。
しかし、これはあくまでも暫定的な対処です。
MS07-068(941569 および 944275)はセキュリティーの深刻度は緊急です。最悪の場合、リモートでコードが実行される危険性があります。
下記のページの内容を理解した上でリスクがあることを承知の上で行う必要があります。
出来ればマイクロソフトの正式な対応を待つのが安全です。
http://www.microsoft.com/japan/technet/security/bulletin/ms07-068.mspx


DLLのを古いバージョンに置き換える事でGyaoやYahoo!動画が見れることになるらしいという情報は知っていましたが、個人的にwmasf.dllとwmvcore.dllは9.0.0.2980に戻してみたことが有りますが解決しませんでした。今日検索して調べてみたところ入れ替えるDLLの情報が書いてあるブログを発見しました。そのブログに書いてある情報に従ってDLLの入れ替えを行ったところGyaoやYahoo!動画を視聴できるようになりました。
この記事の内容をを試す場合は自己責任でお願い致します。
環境によっては解決しない可能性も有ります。
こちらの環境はWindows2000 SP4です。基本的にWindows2000 SP4用の回避策です。
まず参考にしたのは下記のブログです。
●Tokyo perfect sky – Yahoo動画もGyao動画も見れない(解決編)
http://tbs701.exblog.jp/5712909/
IEでhttp://drmlicense.one.microsoft.com/Indivsite/ja/indivit.aspにアクセスするとメディアプレイヤーのセキュリティコンポーネントのアップグレードを行う事が出来ますが、試してみたところでは、[Upgrade]のボタンをクリックするとGyaoのトップページにアクセスした時と同じ症状でIEが落ちます。デバッガでみるとwmvcore.dllの中で落ちています。
つまり、上記のURLでセキュリティコンポーネントのアップグレードに失敗する環境の人は現在GyaoやYahoo!動画が見れないということになります。
C:\Documents and Settings\All Users\DRMを削除してから試すと
失敗する場合は下記の4つのファイルまで作成され
drmv2.lic
drmv2.sst
v2ks.bla
v2ks.sec
成功した場合は下記の6つのファイルまで作成されます。
drmv2.lic
drmv2.sst
IndivBox.key
v2ks.bla
v2ks.sec
v2ksndv.bla
失敗している段階でたどりついたのが下記のブログ
●日々精進 – Gyao/Yahoo の動画が見られない(見れない・再生不可能な)ときは... Windows Media Player 9
http://blog.rustle.info/2007/02/gyaoyahoo.html
http://www.microsoft.com/japan/windows/windowsmedia/9series/player.aspx
上記のページからダウンロードしたmpsetup.exeの中から抽出した下記のDLLを
System32フォルダの中に上書きしていけばいいらしいとの事。下記DLLのバージョンは9.0.0.2980です。ファイルのプロパティーで確認可能です。
WMVDMOD.DLL
WMVCORE.DLL
drmv2clt.dll
DRMClien.dll
DrmStor.dll
前に、WMVCORE.DLLとWMASF.DLLの入れ替えは試していたのでファイル数が増えただけでやることは同じです。
ファイルの抽出は僕の場合は7zipでmpsetup.exeを解凍しました。7zipでmpsetup.exeを解凍するとmsetupというフォルダーが作成されその中にインストールファイルなどが格納されています。
7zipじゃなくても高性能な解凍ソフトなら同じように解凍可能だと思います。
上記のDLLの入れ替えでGyao等の動画の視聴が可能になりました。Windows Media Playerでasfファイルの再生も可能になりました。参考にさせていただいたブログの
方々の情報感謝です。
※僕は一応というか余計なことだったかも知れませんがWMASF.DLLも9.0.0.2980に戻してしまいました。
※もしも上手くいかなかった場合は、入れ替えたDLLのバージョンがちゃんと9.0.0.2980に成っているか確認してみてください。僕も入れ替えたつもりがwmvcore.dllが入れ替わってなくて「ナオラネー!」orzと一瞬頭を抱えました。
メモ:入れ替える前の各DLLのバージョン(色々いじったせいかどうか不明ですがバージョンがばらばら)
WMVDMOD.DLL 10.0.0.3802
WMVCORE.DLL 9.0.0.3355
drmv2clt.dll 9.0.0.3287
DRMClien.dll 9.0.0.3287
DrmStor.dll 9.0.0.3287
wmasf.dll 9.0.0.3355
●追記:
Windows 2000 用セキュリティ更新プログラム (KB941569)
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyId=eecdf2ce-9aa7-4f0c-b62b-2fa7a32f369e&displaylang=ja
上記をダウンロードしてインストールしたら問題再現しました。
あたりまえですが下記のDLLがバージョン9.0.0.3355に入れ替えられます。
WMVCORE.DLL
wmasf.dll
なるべく早く対応してもらう為にはマイクロソフトにどんどん問題の報告しましょう。
とりあえずセキュリティー的に不安な方は上記パッチをあてたままでマイクロソフトの対応を気長に待ちましょう。僕も強くそれを推奨します。どうしても見たい方のみセキュリティーの問題があることを認識した上で利用するべきです。
●追記:2008.03.03
上記でKB941569(ファイルはWindows2000-KB941569-x86-JPN.exe)をダウンロードして、インストールするとバージョンが9.0.0.3355のWMVCORE.DLLとwmasf.dllがインストールされてYhoo!動画がとか見れなくなりましたが、ダウンロードしたWindows2000-KB941569-x86-JPN.exeを解凍して、バージョン9.0.0.3267の(wmp9nlフォルダの方に入ってる)方のをWMVCORE.DLLとwmasf.dllをsystem32フォルダに放り込んで上書きするとYahoo!動画やGyaoが試聴可能になりました。正しい対応かどうかはわかりませんが一応DLLが最新になるわけなのでセキュリティー的には多少安心になるかと思います。どうしても見たい人は御試しください。(自己責任でお願いします。)
バージョンが9.0.0.3355のDLLでちゃんと動いてるパターンってあるんだろうか?激しく知りたいのですが。
追記2008.10.25:
現在は下記の記事のように黒翼猫氏のインストーラーを使ってWindows 2000に Windows Media Player 10をインストールするのがベストな対応です。Gyaoは最近WMP10以上がないと見れないコンテンツも多いのでお勧めです。
□関連記事:Windows 2000にWindows Media Player 10をインストール その2 – KUMA TYPE
http://blog.kumacchi.com/2008/10/windows_2000windows_media_play_1.html
追記2009.01.07:
下のコメント欄にありますように、黒翼猫氏からの情報によりますと、12月のセキュリティーアップデートで、問題が解決したようです。よかったですね。しかしながら、GyaOなどは、最近は動画の再生にWMP10以上を要求する場合が多いですので、やはり上記の黒翼猫氏のWMP10インストーラーを使うのがベストなように思います。

タグ : ,