【グロ注意】キーボードを掃除した時の様子

CA350737  

私はエレコムのTK-U12FYという2003年11月発売の安い日本語フルキーボードを8年位使っているのですが、当然髪の毛などの色々なものが長い年月使用し続けた結果、キーの隙間に大量に蓄積されていたのと飛び散った飲み物や手垢などでキートップがかなり汚れていたので本格的に掃除してみました。

まあ、しかし掛かった手間から考えるとこんな千円ちょっとで買えるキーボードであれば買い換えたほうが手っ取り早いような気もします。愛着があればべつですけど。

CA350710

とりあえず左下のコントーロルキーとWindowsキーだけ外してみましたが中はもう既に見るに耐えないような惨状です。

 CA350712

アップ。

ギャー、主に髪の毛、猫の毛、ヒゲ、お菓子のクズなどが堆積しているようです。それからキートップの端に手垢などがこびりついています。

 

CA350713

キーボードの真ん中周辺、幸いにして写真はピンぼけであんまり良くわかりませんが実際にはキートップはかなり汚れています。

CA350714

これがキーボードの右側のテンキー付近。

CA350716

意を決してキートップを剥ぎとりまくる。汚い。数えてないけど日本語109キーボードなのでキートップは少なくとも109はあるはず既にめんどくさくなってきた。

CA350717

頑張って外しまくる。

CA350718
(グロ注意:クリックで元のサイズで表示)

うはー汚い。こんなことになっています。

CA350720

メインのキーを取り外し終わったところ。

CA350721
(グロ注意:クリックで元のサイズで表示)

 

CA350723

ファンクションキーの部分は外しにくいので上の画像のように定規などを突っ込むと外しやすいです。

CA350724

こんなふうに外れます。

 

CA350725

キートップを全部外し終えたところ。

CA350727 
大きなゴミを綿棒などでティッシュに回収。

CA350728 
回収したキートップを洗面所に洗剤と一緒にしばらくつけおき洗い。水が濁ってこれまでのよごれが浮き出ている。

CA350729

一個ずつ洗ってすすいだところ。水も澄んで綺麗になりました。キートップを一個ずつ洗うのは結構大変です。途中でやっぱり買い換えたほうが楽だなーと悟りましたw。

 

CA350730

洗い終わったキートップをペットシートの上に並べて乾くまで干しておきます。

CA350732

キートップを乾かしている間キーボード本体を掃除しました。綿棒や濡れティッシュなどで念入りに内部を掃除。ご覧のようにきれいになりました。

CA350734

アップでもホラ綺麗でしょ?

CA350736
キートップが乾いたので分解前に撮っておいた写真を元にキートップを大雑把に元の状態に並べます。ジグソーパズルみたいで面白かったのですが割と時間がかかる作業です。

CA350738

そしてキートップを再び本体にはめ込みました。完成全体図は一番最初の画像がそうなのですがキーボードのアップが上の写真ですすごく綺麗になりました。

 

CA350739

右側もこのとおりです。

タグ :