【温泉】城南天然温泉旅館に行って来ました。

TS3Y0086
城南天然温泉旅館に10数年ぶりに行って来ました。昔は宿泊設備はなかったようですが、現在は宿泊設備がついて城南天然温泉旅館旅館という名称に変わったようです。一般的には城南温泉と呼ばれています。

城南天然温泉旅館:100%天然掛け流しの温泉とグランドゴルフ

onsen
宇土市周辺の温泉で有名所。
TS3Y0082
あいにくの雨模様ですが、雨の日は父の仕事が休みなのでこうやってどこかに行く機会ができるわけだったりします。写真のように、竹やぶの中を走る道を通って城南温泉に向かいます。

TS3Y0083m
城南温泉の駐車場から城南温泉方面を撮った処。

TS3Y0084
駐車場にはこの様に、東家嘉幸氏の銅像が建っています。この辺りを開発した方だそうです。
東家嘉幸 – Wikipedia

TS3Y0085
城南天然温泉旅館の案内図、グランドゴルフ、テニスコート等が併設されています。図は年季が入って古ぼけています。名前のところは上から貼ってあるようになっているのは、名称が変わったからでしょうか?10数年前に来た時に同じ看板を撮った写真があるはずですが、今手元に無いので見比べることができないのが残念です。
TS3Y0110
入浴料は大人450円、小人200円の様です。地元住民には年間数枚の入浴券が配られるという話を聞きましたが、未確認です。ちなみに城南温泉天然旅館は入れ墨やタトゥーの方も入れる様です。特に入れ墨の方のお断りの張り紙は無い様ですし、今まで一度しかありませんが、実際お風呂に入れ墨の方が入ってきて空気が一瞬凍っていました。私は浅草の銭湯で見慣れてしまってますが(時間帯によってはそっちの方が多かったりする)、田舎の方にはちょっと刺激が強いようです。しばらくすると普通の雰囲気になりましたが、やっぱり一般的に入れ墨やタトゥーのイメージは当然ながら恐怖なんだなーというのを再認識です。城南温泉は温泉だけでなくグランドゴルフや宿泊施設などもやっているので他の温泉専用施設の様に入れ墨お断りをしていないんだろうなーと思ったわけですが、この辺りではここしか入れ墨OKのところが無さそうですから、自分が子供連れなら自然と避けたくなるでしょうね。まあ、温泉の客層は殆ど中年以上ですけど。

TS3Y0108
温泉の入館券等の券売機です。入館券の他にハブラシ、カミソリ、タオル、テニス場、グランドゴルフ等の利用券を購入することができます。

TS3Y0089
入り口を入ってすぐに、マッサージ器が数台置いてあります。

TS3Y0090m
入ってすぐの所には、このような下駄箱があります。

TS3Y0091m
カウンターの前の広場には写真のように物産品が売られています。くまモンの飾りもありました。壁際には、ちょっとしたスロットマシンゲームの遊技場や自動販売機コーナーが設けられています。

TS3Y0092
物産売り場の前には、食堂「おばんざい」があり、ビールなどのアルコール類や食事を摂ることができます。

TS3Y0094
城南天然温泉旅館のロビーとカウンター。奥がマッサージ器で、手前が物産売り場。

TS3Y0095
男湯の入り口方面。

TS3Y0096m
女湯の入り口は、カウンターの横奥からです。

温泉の設備や温泉の中の写真などは、城南天然温泉旅館のホームページでご確認できます。温泉設備はまあまあです。屋内には、広めの浴槽と、温度が高めの狭めの浴槽がありました。サウナも完備。露天風呂は大きな檜風呂と岩風呂があります。岩風呂は頭の上にそそり立つように作られていて、崩れたら押しつぶされて死ぬなーというスリル感のある岩風呂です。打たせ湯がありますが、湯の出方がちょっと弱いのであまり楽しめませんでした。ここは男湯と女湯が週替わりで入れ替わったりしないようです?。露天檜風呂は結構気持ちがいいです。

TS3Y0098m
風呂あがりは食堂おばんざいで休憩。

TS3Y0099
まどからは、グランドゴルフしている様子が見えます。

TS3Y0104
食堂のカウンター

TS3Y0107
食堂から見た、物産品売り場。

TS3Y0111
城南天然温泉旅館の立派な看板。

TS3Y0113m
駐車場。

TS3Y0116
帰りも竹やぶの中を通る道を抜けて帰りました。

タグ :