戸馳島をハイキング(熊本県宇城市三角町) その6

TS3Y0247
2012年08月13日に熊本県宇城市三角町は八代海に浮かぶ戸馳島をハイキングした時の記録。『戸馳島をハイキング(熊本県宇城市三角町) その5』の続きです。戸馳神社の次はみすみフラワーアイランド 戸馳花の学校に行きました。

戸馳島 – Wikipedia
みすみフラワーアイランド 花の学校


戸馳島をハイキング(熊本県宇城市三角町)

戸馳島ハイキングの全行程のGPSログと、ほぼすべての写真は上のページを参照できます。

あと、自販機と売店などの戸馳島散策の際に飲み物が手に入りそうな場所をまとめたのが下記のページになります。
戸馳島 自販機・売店マップ

TS3Y0248
施設の前にあるオブジェにみすみフラワーアイランド戸馳花の学校とあります。花と花びらをイメージしたオブジェなのでしょうか?

TS3Y0249
木製のアーチを抜けて戸馳花の学校の玄関に行きます。

TS3Y0251
入場料は大人個人で300円の様です。しかし、入口の売り場に人がいない。入っていいのかオロオロしましたが、横に入場券は売店で購入して下さいと書いてありました。その売店はどこに有るのだろうとまたオロオロ。恐る恐る中に入りました。人の気配がない。

TS3Y0336
みすみフラワーアイランドに入ると花を植えた花壇がたくさんあります。そして一番目に付く建物がこれです。多分売店はここに有るのでしょう。 建物に入るとお姉さんがいて入場券を買いました。2階で押し花の展示をしているとのことで、そちらを観に行くことにしました。仕事中に汗だくの汚らしいおっさんがやってきてご迷惑をお掛けしました。お詫び申し上げます。

TS3Y0252
2階の小窓から撮影した1階の入口付近。中はクーラーが入ってなくて暑かったのですが、別に気にもしてませんでしたが、クーラーを入れて下さいました。まだ12時位でお客も私しかいないのにかえって申し訳ない気持ちになりましたw。お客がいないときには節電されているのですね。一応、色々撮影しても大丈夫か確認したところ、大丈夫とお答えいただきました。

TS3Y0253
色々な押し花が展示されています。展示室というより会議室みたいな雰囲気なのは、押し花体験やフラワーアレンジメント体験などが出来るところだからでしょうか?
 

TS3Y0254
このいちご押し花なんですけど、本物のいちごみたいですね。いちごをそのまま押し花にしたわけじゃないですよw。頭ではわかっていても、そう錯覚しそうになります。

TS3Y0255
押し花って言うから、普通の押し花を想像していたら見事なアートでした。

TS3Y0256
「ふしぎな花倶楽部 戸馳花の学校 押し花教室作品展」と有りました。ふしぎな花倶楽部で検索してみると下記のページが出て来ました。日本ヴォーグ社が主催しているみたいですね。

押し花.com * 日本ヴォーグ社 ふしぎな花倶楽部

TS3Y0257
通路の壁にも押し花が飾られています。奥の明るい部屋は喫茶室の様です。押し花をひと通り見た後は、外から見た時も気になっていた温室に行ってみました。

TS3Y0258
一種の植物園ですね。温室には色々な植物があって、なかなか面白かったです。

TS3Y0259
小さな池があってコイが泳いでいました。

TS3Y0261
小鉢にも様々な植物が植えられていました。 

TS3Y0263
熱帯ジャングルの様です。

TS3Y0264
このひときわ大きな葉っぱの植物が面白かったです。

TS3Y0266
温室からロビーに戻りました。ロビーはショップにもなっていて、色々おみやげや洋蘭などが展示販売されていました。  

TS3Y0267

TS3Y0272
ハーブなども売られていました。

TS3Y0274
観葉植物。

TS3Y0276
蘭系植物色々。

TS3Y0277
胡蝶蘭、綺麗ですね。

TS3Y0278
いままで余り蘭の花を見る機会が無かったのですが、不思議な花ですね。人を引き付ける魅力が有ります。お高いのもうなずけます。

TS3Y0279
建物内をひと通り見学した後失礼して、外の見学をしました。夏場なので花壇も余り賑わっていませんでした。やっぱりメインは春や秋なのでしょうか?奥に見えるのが出入り口のゲートです。

TS3Y0280
だいぶくたびれてますが、花の学校案内図です。戸馳神社の所に若宮神社と書いてあります。きっとどちらでもいいんでしょうね。戸馳島、どちらでも呼び方がいいのが多すぎですw。

TS3Y0281
なんだかのんびりしたところです。

TS3Y0282
みすみフラワーアイランドの中には、蘭をなどを栽培しているハウスがいくつも有ります。自由に見学しても大丈夫らしいので、ハウスの中を見に行きました。

TS3Y0283
いろんなハウスを物色しました。奥の階段をのぼると公園のようなスペースになっています。

TS3Y0285
締め切られていない外から中が見えるハウスには、普通っぽい花が栽培されていました。なんという花なんでしょう?   

TS3Y0290
階段をのぼると公園の様な広場があります。片隅に小さな神社も有りました。

TS3Y0291
階段のうえから、みすみフラワーアイランドを一望。そろそろ蘭を栽培しているハウスを見に行ってみたいと思います。

TS3Y0292
「ご自由にお入り下さい。花には触れないで下さい。戸締りをお願いします。」と有ります。どのハウスにも人の気配がありません。みなさん一体いつ働いているのでしょう。

TS3Y0294
とりあえず、締め切られていないハウスから見学。

TS3Y0295
一応蘭みたいですが、なんという花でしょう?デンファレという種類の洋蘭の様です。 

TS3Y0296
こちらはデンファレという種類のブラナピンクという洋蘭の様ですがどうでしょう?

TS3Y0298
ハウスの中はこのようになっています。

TS3Y0299
作業用通路には入らないで下さいとの事です。了解です。

TS3Y0300
こうやってワゴンで運搬してるんですね。

TS3Y0301
ハウスに掛けてある黒い網にセミの抜け殻がついていました。

TS3Y0306
締め切られているハウスの中に入りました。胡蝶蘭が有りました。冷房がかなり効いていて涼しかったです。出荷するまで長持ちさせるためでしょうか?

TS3Y0307
胡蝶蘭綺麗ですね。

TS3Y0309
胡蝶蘭を栽培しているハウスの中。    

TS3Y0310
ダイキンのエアコンで空調してました。

TS3Y0314
エピデンドラムを栽培しているハウスの様ですが、これはどういう状態なのでしょう。

TS3Y0318
さて、次はどのハウスに入りましょうか?

TS3Y0319
白い胡蝶蘭が栽培されているハウスに入りました。

TS3Y0322
これから咲くのでしょうか?沢山のつぼみがついた蘭の株がたくさんありました。

TS3Y0323
綺麗というかカッコイイというか。魅力的な花ですね。

TS3Y0324
沢山の胡蝶蘭が並んでいて、なかなか壮観な眺めです。  

TS3Y0326
白い胡蝶蘭咲かかってますね。

TS3Y0327
咲きかけの赤い胡蝶蘭。

TS3Y0328
咲きかけのピンクの胡蝶蘭。

TS3Y0330
ふつくしい。

TS3Y0331
胡蝶蘭見学を堪能して、ハウスのエリアを出ました。そろそろお暇しようかと思います。花の学校の2階に喫茶と書いてあります。さっき押し花を見た時に見えた部屋です。

TS3Y0332
最後に広場の花壇の花を愛でながら去ることにします。

TS3Y0334
花の学校の温室部分。

TS3Y0338
帰りも木製のアーチを抜けて帰ります。

予想外に見学に時間を費やしました。1時間ほど見学していたのではないでしょうか?ちゃんと戸馳島を一周できるのかちょっと心配になっていました。

次は若宮海水浴場近辺をもう少し見学した後、島の南部へ向かいます。

『戸馳島をハイキング(熊本県宇城市三角町) その7』へ続きます。

タグ : , , , ,