港の泥を除去する作業船

TS3Y0143
2012年8月。海沿いを車で走っているとサルベージ船みたいなものをよく見かけました。

TS3Y0144
そして某港に停泊していた作業船。ショベルカーを搭載しています。どうやら、港内の泥を除去する作業をしているようです。港では普段見かけない船で、引き潮なので作業船は完全に着底してています。

TS3Y0145
なんとなくキリが無さそうな気もします。

TS3Y0146
運転を誤って海に落ちたりしないのか心配です。

TS3Y0147
(株)村上工業とあります。検索してみましたが名前がありふれ過ぎてて、どこかわかりませんw。

TS3Y0149
後方にブリッジらしきものがあります。 船内がどんなふうになっているのか、ものすごく興味がありますね。乗ってみたいです。遠くからの見かけよりかなり大きそうです。

TS3Y0151
船の名前は八光五号みたいです。

TS3Y0157
港の反対側に回って撮影しました。所詮携帯電話のカメラではこれが限界です。作業船の撮影はここまでです。

TS3Y0153
ついでに港探検。古びた港も撮影。

TS3Y0154
干潮で港は干上がっています。

TS3Y0160
岩にはたくさん牡蠣がこびりついています。

TS3Y0162
よくある田舎の港町の風景。

TS3Y0167
波止場を回りこんで海側。

TS3Y0170
大きな石が敷き詰められていて、向こうにも波止場があります。

TS3Y0176
童心に帰って岩場を歩いてみます。歩きにくいです。ちょっとしたアスレチックですね。

TS3Y0177
砂地に出ると、カニが巣穴から運び出した砂団子が一面です。巣穴もあります。

TS3Y0178
接写。巣穴が二つ有ります。

TS3Y0179 
これ一面砂団子です。働き者ですね~。
TS3Y0182
朽ち果てたイカリ。

TS3Y0187
水たまりの貝の上に小さなトビハゼ。

TS3Y0189
小さなカニ。

TS3Y0190
奥の方に泥にまみれた小さなトビハゼが数匹います。

TS3Y0191
堤防には小さな牡蠣やヤドカリやニシみたい系のものがびっしりです。手前の水たまりには小さなトビハゼ。

TS3Y0195
真ん中に比較的大きなトビハゼ。

TS3Y0197
複数のトビハゼと真ん中にヤドカリ。水たまりもよく見ると小さな海洋生物の宝庫です。

トビハゼ – Wikipedia

タグ :