石打ダム駅から網田駅まで歩いてみた【2】

TS3Y0160_thumb
遊歩道がダムの周りを走っていますが、手入れがされておらず、草ぼうぼうです。ちょっと遊歩道といった感じではないです。

TS3Y0162_thumb
遊歩道の奥のほうから、ダム方向です。

TS3Y0167_thumb
屋根付きベンチがまるで遺跡のようになっていました。人気もないし、失われた文明を発見した探検家の気分になりました。

TS3Y0168_thumb
水の流れが結構凄いです。

TS3Y0171_thumb
水辺まで降りることができます。ちょっとクロコダイル・ダンディーのワンシーンを想像して怖くなりました。

TS3Y0179_thumb
とりあえずダムの北側半分をみてまわりました。

TS3Y0181_thumb
さっきの休憩広場で昼食、ペプシのペットボトルに入れえきたグァヴァ茶と菓子パン一切。中華パッド(MOMO9加強版)とBluetoothアダプタ(BT-Micro3E1XZ)でGPSロガー(m-421)と通信して現在地を地図上に表示することができるようにしています。地図は予めキャッシュしています。地図ソフトは、地図ロイドとRMapsとGoogleマップ利用です。Wifiオンリーなので地図は予めキャッシュしてあります。まあ、何かと非効率なので、ランニングコストは掛かりますが、GPS付きのスマホを持ったほうが何かと捗ると思います。GPSロガーについては、auのガラゲーなら、地図ビューアアプリの簡易ハンディGPSが同様の機能を持っています。あくまで簡易ですが、高度以外の座標は取得できます。試しに使ってみたことがありますが、それなりに使えると思います。私の携帯電話はT008ですが、Bluetoothも内蔵しているので、簡易ハンディGPSのログをBluetooth内臓のノートPCに転送して、変換ソフトでkml形式に変換すると、GoogleマップやGoogle Earthで自分の移動した軌跡を表示することができます。結構面白いので、au携帯を持っている人はお試しあれ。GPSログの転送は通信ケーブルやSDカード経由でもできると思います。

TS3Y0182_thumb
MOMO9上で動いている地図ロイドに表示された石打ダム。中央の赤い点が現在位置で、休憩広場です。

TS3Y0188_thumb
休憩後は、ダムを渡りました。ダム中央に休憩場があります。

TS3Y0193_thumb
ダムの下は田園が続きます。

TS3Y0194_thumb
ダムの内側です。

TS3Y0203_thumb
ダムを渡りきりました。

TS3Y0205_thumb
最後に一枚。

TS3Y0206
この先にピクニック広場があるらしいのですが?

TS3Y0207
道端にこんなふうな罠が幾つかしかけられていました。最初密漁だろうか?と思いましたが、道端に堂々と仕掛けられているので、その可能性は低いと考えました。

TS3Y0209
ダムを監視するためであろうカメラが設置されていましたが、カメラの前を植物が生い茂って塞いで閉まっていて機能していなそうです。高いお金を掛けて設置したであろうカメラがもったいないですね。

TS3Y0210
ここにも罠がありました。

TS3Y0212
季節はずれの紫陽花。

TS3Y0213
ここにも罠が

TS3Y0215
罠の説明の紙がありました。どうやらタイワンリスを駆除するためのものらしいです。

TS3Y0216
ダムの南側をこのような道がダムに沿って走っています。

TS3Y0217
昔はダムを見るためにあったであろうベンチが、草木に覆われて朽ち果てています。昔はダムを見下ろすことができたんでしょうねきっと。

TS3Y0222
天満宮さんがあったのでお参りして行きました。

TS3Y0223
ソメイヨシノが沢山植えられているので、桜の季節には綺麗な山道かもしれません。

TS3Y0224
こちら側も反対側と大して変わらないようです。草ぼうぼう。ピクニック広場は何処に。

TS3Y0225
公衆トイレ。

TS3Y0226
多分ここがピクニック広場だと思われます。バーベキューくらいはできそうです。

TS3Y0228
草ぼうぼうで、散策路には入れそうに無いですw。

TS3Y0229
本来はこういう広場のようです。このあとぐるっとダムを一周りして、元の北側の方に抜けます。

TS3Y0231
そして、ダムとお別れして、千房の方に向かいます。

石打ダム駅から網田駅まで歩いてみた【3】へ続きます。

タグ : , ,